トップページ > 県政の情報 > 県政参加 > 県政モニター > 施設見学会(平成30年度)

更新日:2021年3月16日

ここから本文です。

施設見学会(平成30年度)

県政モニターの皆さんに、県の施設や事業等の見学・体験を通して県政に対する理解と関心をさらに高めていただき、ご意見やご要望をお聴きする「県政モニター施設見学会」を実施しています。
平成30年度は次のコースを実施しました。

  • 開催日:平成30年11月8日(木曜日)
  • 参加者:28名
  • テーマ:県政の新たな拠点
  • 見学先
  1. 富山県薬事総合研究開発センター
  2. 富山県産業技術研究開発センター

(1)富山県薬事総合研究開発センター

創薬研究開発センター外観

製薬企業に対する技術支援や、分析法の開発を行うなど、「くすりの富山」を支える全国唯一の都道府県立の薬事専門の研究機関です。
また、中学生や高校生の製薬・分析体験学習や大学生の実習への参画など、若い世代の人材育成にも積極的に取組んでいます。
今回は、事業の概要説明を聞き、本年5月に開所した「創薬研究開発センター」などを見学しました。

富山県薬事総合研究開発センター見学の様子

参加者の感想

  • 富山県の医薬品生産額が日本一なのは、各企業の研究成果だと思っていましたが、その背景に薬事総合研究開発センターの強力な支えがあったことがよくわかりました。
  • 富山の全国区の産業である薬業に、県は本当に手厚く支援していると思いました。他県の方の利用もあり、良い施設だと思いました。
  • 若い人の人材育成にも力を入れておられるのがよくわかりました。

(2)富山県産業技術研究開発センター

富山県産業技術研究開発センター外観

内企業、特に県内中小企業の技術力向上と新製品開発を支援するために、技術支援・研究開発・技術情報の提供をなど行う試験研究機関です。
今回は、事業の概要説明を聞き、本年3月に開所した「製品機能評価ラボ」などを見学しました。

富山県産業技術研究開発センター見学の様子

参加者の感想

  • 普段の生活では見ることができない機械・機器等を見せていただき、ハード面、ソフト面で技術開発を支援されていることが理解できました。
  • 多岐にわたる試験・研究をされていることがわかりました。私たちの身近になりつつある技術の一部を見せていただきありがとうございました。
  • 実際に研究する方々の仕事を見学させていただき、富山県の産業発展の要になっているのだと感じました。多様な研究が、それぞれ最先端の研究設備で実施されており、富山県のものづくりの将来が楽しみになりました。

関連リンク

お問い合わせ

所属課室:知事政策局広報課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館2階

電話番号:076-444-8909

ファックス番号:076-444-3478

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?