更新日:2022年1月17日

ここから本文です。

紛失・盗難・焼失した時の手続きについて

有効期間のあるパスポートを紛失・焼失、または盗難にあった場合には、すみやかに旅券センターに届け出る必要があります。届け出によって、紛失等したパスポートはその効力を失います。届出後に発見しても使用はできません。
紛失・焼失届出書は、年齢等に関係なく、代理人の方が届出ることはできませんので、必ず本人が旅券センターにお越しください。

  • なお、紛失・焼失届出書の提出と同時に、新しいパスポートの申請をすることができます。この場合には、新規申請に必要な書類も一緒にお持ちください。

1 必要な書類

  • (1)紛失一般旅券等届出書…1通
    届出書は旅券センターの申請窓口でお渡しします。
    未成年者(20歳未満)が届出する場合は、「紛失一般旅券等届出書」裏面の「法定代理人署名欄」に親権者(父または母)が必ず署名をしてください。
    ただし、親権者等が国外または遠隔地にいる場合は、親権者の署名がある「旅券申請同意書」に代えることができます。
  • (2)写真1枚
    申請日前6か月以内に撮影されたもので、規格に合ったもの
    • 特に、髪の毛・眼鏡のフレーム等で目元が隠れたり・影で暗くなっているもの、画像の粗いもの、ピントがあまいものなどは、取り直しをお願いする場合があります。自宅撮影の写真は不適当となる場合が多いので、できるだけ専門の写真店等で「パスポート用」と指定して撮影してください。また、カラーコンタクトを装着して撮影した写真はお受けできません。
      ※詳しくは「旅券申請に必要な書類 3写真」をご覧ください。
  • (3)本人の確認書類
    新規申請と同様のものを用意してください。
  • (4)紛失または焼失を証明する書類
    • 警察の発行する紛失または盗難を届け出たことを証明する書類。これらの書類が入手できない場合は、警察の受理番号の控え
    • 消防署または市区町村の発行する罹災証明書
    • 帰国証明書(海外で紛失し帰国証明書で帰国した場合)
  • 上記の書類または証明書のほか、受理番号の控えがない場合には、旅券センター窓口にある「事情説明書」に紛失等の理由を詳細に記入していただきます。

2 注意事項

  • (1)紛失一般旅券等届出書を提出した後に、紛失したパスポートが発見されても、紛失一般旅券等届出書を取り下げることはできません。
  • (2)紛失したポスポートは外務省において失効処理がされた後、そのパスポートの番号、発行年月日が官報に記載され、かつ、海外の関係当局にも通知されます。そのため、後日、紛失したパスポートが発見されても、そのパスポートは使用することができません。

関連リンク

旅券申請に必要な書類

お問い合わせ

富山県旅券センター
〒930-0003 富山市桜町1-1-61 マリエとやま7階
電話番号   :076-445-4581
ファックス番号:076-445-4583

旅券センター高岡支所
〒933-0029 高岡市御旅屋町101 御旅屋セリオ7階
電話番号   :0766-27-1855
ファックス番号:0766-27-1853

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?