更新日:2021年8月13日

ここから本文です。

令和2年度「日本語ボランティア養成講座」を実施しました

 富山県では、令和2年度、文化庁から「日本語教育人材養成・研修カリキュラム等開発事業」を受託し、地域の日本語教室で活躍する日本語ボランティア養成のためのカリキュラムと教材を開発しました。

 これまでも、県内各地域において養成講座を実施してきましたが、今回新たにカリキュラムを見直し、全30時間のカリキュラムで養成講座を実施し、16名の方が修了されました。

「たのしい日本語ひろばin滑川」が開設されました!

 修了者の方が、主に県東部在住者を対象に、「たのしい日本語ひろばin滑川」という地域日本語教室を開設しました。令和3年6、7月に試験的に教室を開催し、令和3年9月12日から月1回のペースで本格的に実施されます。誰もが地域社会の一員として生活できるような交流の場になることを期待しています。

 たのしい日本語ひろばin滑川(Facebookホーム)(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

 たのしい日本語ひろばin滑川 活動の様子

 たのしい日本語ひろばin滑川 たのしい日本語ひろばin滑川 たのしい日本語ひろばin滑川

養成講座の様子

 R2日本語ボランティア養成講座 R2日本語ボランティア養成講座 R2日本語ボランティア養成講座

修了者の感想

  • 受講前のイメージは、日本語をどうやって教えるかでしたが、受講して考え方が変わりました。外国人の方々と対等に向き合い、彼らの社会参加を手助けし、対話を通じてお互いの信頼関係を築いていくことが大切であると。
  • 私には、何の力もないけれど、同じ志を持つ仲間を得られたことが、最高のプレゼントになりました。
  • 日本語教室の5つの機能 1)居場所、2)交流、3)地域参加、4)国際理解、5)日本語習得 を忘れずに、取り組んでいきます。
  • 日本語支援について学び、多様化する社会や組織の中で悩んでいる相談者の思いに寄り添い、一人一人が自分らしく生きることができる支援を実践することの大切さを学びました。
  • 良い意味で日本人らしくない積極的な姿勢に圧倒されながらもとても刺激的な幸せな時間でした。ちょっとしたことから日本人の意識が変わるお手伝いを続けていきたいと思っています。

※日本語ボランティアとは

 日本語教師等の日本語教育専門家とともに、日本語学習者に寄り添いながら、対話を通して学習を支援・促進する役割を担います(学習者に直接日本語を指導する日本語教師とは異なります。)。

この養成講座のカリキュラムについて

 カリキュラム詳細は、こちら(PDF:1,061KB)をご覧ください。

※この養成講座は、令和3年度以降も引き続き(公財)とやま国際センター(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)主催で実施する予定です(令和3年度実施中)。ご興味のある方は、今後もぜひご検討ください。

 

お問い合わせ

所属課室:生活環境文化部国際課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館3階

電話番号:076-444-3156

ファックス番号:076-444-9612

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?