トップページ > 産業・しごと > 入札情報・公共工事・公募型プロポーザル > 公募型プロポーザル > 「テクノロジーを活用した働き方改革ラボ事業」民間アドバイザー業務委託に係る公募型プロポーザルの実施について

更新日:2021年4月16日

ここから本文です。

「テクノロジーを活用した働き方改革ラボ事業」民間アドバイザー業務委託に係る公募型プロポーザルの実施について

県では、令和3年度に県庁内に「働き方改革ラボ」(以下「ラボ」)を設置し、県庁が率先して民間テクノロジーを活用した働き方改革を実施するとともに、民間企業等に横展開することで官民協働の働き方改革に取り組むこととしています。

このラボの運営に際し、働き方改革やテクノロジー活用に関してアドバイス等を行う委託業者をそれぞれ1社募集します。 

なお本事業における「民間テクノロジー」とは、システム構築のような大規模なものではなく、民間のクラウドサービスのような比較的導入が容易なものを想定しています。

委託業務内容

働き方改革全般アドバイザー

1.全庁講演

県庁職員を対象に、働き方改革の意義や社会的背景にかかる講演を行う。

2.アドバイス

(1)ラボ事業内容ブラッシュアップ

働き方改革にかかる事例やノウハウの提供等アドバイスを行い、働き方改革ラボにおける取組みの実効性を高める。

(2)相談会でのモデル室課へのアドバイス

改革に取り組む庁内のモデル室課に対し、躓いている点、悩んでいる点等に対してアドバイスを行う相談会を開催する。

3.情報共有

定期的に開催する働き方改革ラボのミーティングに出席し、情報共有する。

 

テクノロジー活用アドバイザー

1.テクノロジーツール紹介

モデル室課が取組を始めるにあたり、クラウドサービス等にかかる基本的な事項の講義及び、働き方改革に活用できるテクノロジーツールの紹介を行う。

2.アドバイス

(1)ラボ事業内容ブラッシュアップ

テクノロジー活用にかかる事例やノウハウの提供等アドバイスを行い、働き方改革ラボにおける取組みの実効性を高める。

(2)相談会でのモデル室課へのアドバイス

改革に取り組む庁内のモデル室課に対し、躓いている点、悩んでいる点等に対してアドバイスを行う相談会を開催する。

3.情報共有

定期的に開催する働き方改革ラボのミーティングに出席し、情報共有する。

委託金額の上限

働き方改革全般アドバイザー 金2,046千円(消費税及び地方消費税額を含む)

テクノロジー活用アドバイザー 金1,386千円(消費税及び地方消費税額を含む)

スケジュール

令和3年4月16日(金曜日)プロポーザル公示

令和3年4月28日(水曜日)質問書締切、プロポーザル参加申込締切

令和3年5月 7日(金曜日)辞退届提出締切

令和3年5月12日(水曜日)プロポーザル企画提案書等提出締切

令和3年5月中旬(予定)書面審査、契約候補者の決定、結果通知

令和3年5月下旬(予定)業務委託契約締結

関連ファイル

プロポーザル関係資料一式(ZIP:218KB)

 

 

お問い合わせ

所属課室:知事政策局働き方改革・女性活躍推進室少子化対策・働き方改革推進課働き方改革推進担当

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁南別館2階

電話番号:076-444-3137

ファックス番号:076-444-3479

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?