トップページ > くらし・健康・教育 > 教育・子育て > 子育て > 子育て支援事業 > 家事・育児シェア川柳受賞作品の発表について

更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

家事・育児シェア川柳受賞作品の発表について

家事・育児分担の見直しのための「わが家のミーティングシート」の結果をもとに作った「家事・育児シェア川柳」を募集したところ、342作品の応募があり、審査の結果、以下の7作品を大賞と奨励賞に選定しました。

受賞作品

審査員講評

(1)富山県川柳協会会長 坂下 清 氏 (※清の月は円)

キャンペーンに多くの句が寄せられ、数次に亘る厳正な審査を経て、大賞・奨励賞を確定。大賞作品は、「子育てを家族で分ち合い、ほのぼのと希望が持てる社会・家族を展望した」佳句である。川柳を媒体として女性に偏りがちな家事育児を打破し、大切な子宝を育てていく、社会環境を構築推進する、素晴らしい企画。川柳で子育ての思いや悩みを、自分の言葉で語ればそれが川柳になり、共感を得る。「川柳は生活の割れ目から飛び出してくる」(内田百間(※間の日は月)小説・随筆家)
誹謗中傷や不快な言葉を避け、純粋な自分の「喜怒哀楽」を川柳にして発信し、心豊かな家事育児の拠り所にして頂きたい。

(2)子育て情報誌「はっぴーママ」編集長 内山 真理子 氏

新型コロナウイルス感染症の影響で臨時休校や外出の自粛など、ママの負担が増えた結果、ママの辛い気持ちが多く見られました。
一方で、パパと子どもがママと一緒に楽しく家事に取り組む様子が目に浮かぶ作品も増えてきたように思います。
このキャンペーンをきっかけに家事育児シェアについて家族で話し合い、笑顔が生まれていけばと思います。

お問い合わせ

所属課室:知事政策局働き方改革・女性活躍推進室少子化対策・働き方改革推進課

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁南別館2階

電話番号:076-444-2174

ファックス番号:076-444-3479

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?