トップページ > くらし・健康・教育 > 地方創生・女性活躍 > 地方創生 > 移住・定住 > 「とやまでお試しテレワーク」推進助成金(2次募集)

更新日:2022年8月30日

ここから本文です。

「とやまでお試しテレワーク」推進助成金(2次募集)

関係人口の創出や二地域居住、将来的な移住促進等につなげるため、県外在住の方が行う、県内での「お試しテレワーク」にかかる経費を助成するもの。

対象者

富山県外にお住まいの方で県外の企業・団体等に所属されている方

(事業主、フリーランスの方も対象です)

【条件等】

  • 個人・法人を問いません。
  • 事業者は、富山県内に本社、支社、事業所等の拠点を有しないこと。
  • 「お試しテレワーク」の実施者は、富山県外に居住していること(富山県出身者も対象となります)。

助成対象期間

1~3か月(令和5年2月末までの間に実施してください)

助成対象経費

宿泊費、住居費、交通費(県内⇔県外)、コワーキングスペース利用料、引越代、レンタカー代、テレワークに帯同されるお子様の保育に係る経費

助成率

2分の1以内(ただし、千円未満切り捨て)

助成限度額

1人あたり30万円(1か月あたり10万円)

募集期間

令和4年8月30日(火曜日)~
(令和4年度の予算額に達し次第終了となります)

条件

  • 期間中、1か月につき6泊以上滞在すること
  • 連続して滞在している期間のうち、滞在日数の半分以上の日はテレワークを実施すること
  • 期間中、コワーキングスペースを月1回以上利用すること
  • SNS等で富山での仕事や暮らしについて定期的に発信すること(SNS等で発信する際には、ハッシュタグ「#めぐるとやま」をつけてください)

その他

ぜひ、地域の人と交流して富山との「関わり」を深めてください。

(例)コワーキングスペースでの交流、地域行事への参加等

申請の流れ(Step1~Step5)

Step1:富山県内の宿泊施設、テレワーク施設を探す

ぜひ「とやまでワーケーション推進事業事務局」へお問合せください。

Step2:助成金申請書類を提出

「お試しテレワーク」を実施する20日前までに以下の書類を電子メールで提出してください。

(※)なお、予算に限りがあるため、申請どおりの額が交付されない場合があります。

<提出書類>

  • 交付申請書(様式第1号)
  • 事業計画書(様式第2号)
  • 経費内訳書(様式第3号)
  • 経費の算出根拠となる書類(見積書等の写し)

Step3:「とやまでお試しテレワーク」実施

ハッシュタグ「#めぐるとやま」をつけてSNS等で情報発信をお願いします。

Step4:実績報告書類の提出

「お試しテレワーク」終了後30日以内または令和5年3月15日のいずれか早い日までに以下の書類を電子メールで提出してください。

<提出書類>

  • 実績報告書(様式第5号)
  • 実施報告書(様式第6号)
  • 経費内訳書(様式第7号)
  • 支出を証する書類の写し(領収書等の写し)
  • その他事業の実績が確認できる資料(写真等)

Step5:助成金の受け取り

ご指定いただいた口座にお振込みします。

「とやまでお試しテレワーク」コーディネートのご相談

とやまでワーケーション推進事業事務局((株)日本旅行Tis富山支店内)

〒930-0001富山県富山市明輪町1-230クラルテ1階(JR富山駅構内)

担当:吉田・瀧川

TEL:076-433-1184

E-mail:nta_toyamaworkcation〇nta.co.jp(〇を@マークに変換して送信ください)

お問合せ、助成金申請書類の提出先

富山県知事政策局成長戦略室ウェルビーイング推進課(「くらしたい国、富山」推進本部事務局)

〒930-8501(住所不要)

TEL:076-444-8489

E-mail:aseichosenryaku〇pref.toyama.lg.jp(〇を@マークに変換して送信ください)

 

関連ファイル

関係リンク

 

お問い合わせ

所属課室:知事政策局成長戦略室ウェルビーイング推進課 

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館3階

電話番号:076-444-8493

ファックス番号:076-444-3473

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?