子育てネッ!とやま
サイトマップ お問い合わせ
相談する 学ぶ 知る 支える 集う 楽しむ

家庭教育かわら版 平成24年3月 春号
「「いのち」ってすばらしいね」の感想

sirusi5歳の男の子がいます。夏から庭でつかまえたカエルを飼い、虫かごの中で冬眠させました。無事に生きていたことに親子で喜びました。春を迎え、エサ取りに忙しくなります。(富山市 Tさん)
sirusiたくさんの命がつながっているということを子どもたちにも知ってほしいと思いました。命はすばらしいということを感じてくれ、大きくなってからも自分を大事にし、他人を大事にできる人になってほしいと思います。(射水市 Nさん)
sirusi子どもたちといのちについて考えたいと思いました。(魚津市 Sさん)
sirusi「いのち」について改めて考えるきっかけとなりました。普段、何気なく生活しているときも、「あなたは大切なかけがいのない存在」であることを伝えていきたいと思いました。(富山市 Tさん)
sirusiささいなことでも、子どもの気持ちに共感してあげることが大切だなと思いました。大きくなってくると、抱きしめることも少なくなってくるので、お手伝いなど子どもがすすんでやってくれたら、目を見て抱きしめて「ありがとう」と言うようにしたいなと思いました。(富山市 Hさん)
sirusiいのちについて、あらためて感じさせられ、祖母の立場で、孫にどう接すればよいのかのヒントをもらえたような気がしました。(黒部市 Nさん)
sirusi子どもと感動をともにするということは、ステキなことだな〜と思いました。「親子の絆」「家族のつながり」など、子育てにとても参考になりました。(小矢部市 Iさん)
sirusi小学校に入学する娘を見て、「ふれあい」「つながり」をこれから広げていくんだなぁと思っていました。家族でいのちの大切さ、つながりを話したいと思います。(黒部市 Aさん」)
sirusiわが家は、核家族で共働きです。子供たちも習いごとなど忙しく、毎日があっという間に過ぎていきます。時間と心にゆとりがない毎日で、大切なことを忘れていたような気がします。今号を読んで、心が温まり、子どもたちにも優しくなれました。家族でいいのちの大切さ、つながりを話したいと思います。(魚津市 Mさん)
sirusi3行詩コンクールの最優秀作品は、本当にほのぼのとして心温まる詩でしたね!(富山市 Sさん)
sirusi3行詩がとてもよかったです!(南砺市 Fさん)
sirusi体調の悪い日用のレシピがあるのは、とても参考になりました。(富山市 Yさん)
sirusi「役立ちレシピ」のコーナーが好きです。(富山市 Mさん)
sirusi茶碗蒸し、おいしそう〜!(砺波市 Hさん)
sirusi風船ロケット興味深かったです。私は、バルーンアートでいろいろなイベントに参加していますが、ロケットを飛ばすと子どもたちは大喜びしますよ!(富山市 Sさん)

ご感想をお寄せいただき、ありがとうございました。
ライン
もどる

富山県教育委員会生涯学習室子育て情報バンク 
〒930-8501 富山県富山市新総曲輪1番7号 TEL 076-444-3435 FAX 076-444-4434 http://www.pref.toyama.jp/sections/3009/hp/

copyright (c) 2006 Toyama Prefecture all rights reserved.