せき・息が苦しいとき、喘息の発作がでたとき
○自宅で様子を見て、翌日かかりつけ医へ
睡眠・食事・運動がいつも通りにできる、横になって眠れる、薬や吸入で症状がよくなった
☆次のときは、急患センターへ
呼吸がはやい、肩で息をする、息を吸うときに喉仏の下側やみぞおちが引っ込む、横になって眠れない、ずっとせきが止まらない
★次のときは、救急車を!
しゃべれない、苦しくて動けない、顔色やくちびるの色が青い

戻る
TOP