Q.子どものしつけのことで姑と意見が合わなくて困っています。

A.子どものしつけのことでおばあちゃんとお母さんの考え方に違いがあるのはよくあることですが、一致させることはなかなかむずかしいようです。ただ、子どもを取り巻く大人の考え方がいつもちぐはぐしていると、子どもは誰の言うことを聞けばよいのか迷ってしまいます。  そこで、わが家の子育て目標(どんな子どもに育ってほしいか)や、子育ての方針(どんな方法で、どんなことに気をつける)について、お父さん、お母さんはもちろん、おじいちゃんおばあちゃんも含めて、話し合ってみてはいかがでしょうか。甘い態度や厳しい態度にはそれぞれの思いがあることを共通理解し、歩み寄っていく中で、どうかかわればよいかという知恵が生まれるのです。多様な価値観の中では、ひとりひとり違って当たり前という考え方に立ち、時には相手の立場を認めながらフォローしていくなど調和をとっていくことが大切でしょう。  異世代が一つ屋根の下で、生活するためには、それなりのルールも必要となってくるでしょう。そのことを子どもはしっかり見ています。祖父母同居で育つ中で、思いやる心や社会性も身に付けていきます。

一覧に戻る