Q.家でも園でも、ひとりで遊ぶことが多く、友だちの中で遊ぶことができません。このままだと友人関係がうまく結べない子になってしまうのではないかと心配です。

A.まず、ひとりで遊ぶことの大切さを認めてください。これを否定的に見て無理にほかの子と遊ばせようとすると、お子さんはいよいよひとり遊びに固執するおそれがあります。
赤ちゃんの頃から、同年齢の子どもに興味・関心があり、じっと見て笑ったり、近づいてさわったりするのですが、三歳ぐらいまではひとり遊びが中心となります。幼児期を通じて、さらに児童期以上までひとり遊びは続き、自分で考え、自分で行動し、自分で責任をもつ「自立」のために必要な働きを果たしているのです。
友だちと遊ぶきっかけは、友だちの中でひとり遊びをすることです。平行遊びといって、二、三歳の頃は友だちと遊んでいるように見えて、それぞれひとりごとを言いながらそばで遊んでいることが多いのです。それでもそれが楽しいことが貯め込まれ、やがてかかわりが生まれます。いま、お子さんはこの段階ではないでしょうか。ここであせってはいけません。
どうしても心配なら、お母さんがほかの子と積極的に楽しく遊んでください。それにつられて遊ぶようになることも少なくありません。

一覧に戻る