●嘔吐・せきのとき
【●のどを刺激する物は×。●水分が多く、ツルンとしたもの】
 激しい嘔吐が続くときは、脱水の恐れがあるので、水分補給を十分に。しかし、一遍にたくさん飲むと吐き気をよぶので、少しずつ何回かに分けた水分補給が原則です。
 液体だと吐いてしまう赤ちゃんでも、舌の上で少しずつ溶ける寒天やプリンだと吐きにくいようです。みかんやオレンジなどの酸味は吐き気を呼びやすいので避けましょう。
 吐き気がある時の離乳食は、ツルンをしたものが向いています。水溶き片栗粉でとろみをつけてもいいでしょう。
【冷たいものはせきには×。のどを刺激します。】
 冷たいものなどは、のどを刺激するので嘔吐やせきをしやすくなります。プリンや寒天などもギンギンに冷やさない方がいいでしょう。口の中でゴロゴロする肉類はやはり食べにくいものです。
 ツルツルと食べられる麺類や、口当たりのなめらかな豆腐などが良いでしょう。

戻る
TOPへ