Gいきんで苦しそう
真っ赤な顔をしてうんうんといきむことがあったり、うなり声をだしたり。「苦しいのではないかしら?」赤ちゃんにどうしてあげてよいかわからず不安になるものです。
こんな時は、まず皮膚に変化はないか、チクチクするものが衣類やおむつのどこかについてないか、よく調べましょう。
こうしたことに何の異常もなく普段と変わりなく食欲もある場合には生後1カ月の健診を待ってもよいでしょう。
また、赤ちゃんはおっぱいを飲む時に、空気をいっしょに飲み込むので、そのために胃がふくらんで呼吸しにくくなり、うんうんすることがあります。
授乳のあとしばらくは赤ちゃんを抱いてゲップをしっかりだしておくとよいでしょう。
また、おならをよくだす赤ちゃんもいます。これも、お乳といっしょに飲み込んだ空気の大部分がおならとして外にでる生理現象です。
こんなことも一度子育ての経験をしたお母さんには、何でもないことですが、はじめての育児をするお母さんにとっては毎日が不安や心配のたねになりますね。
ちょっとしたことを聞ける先輩や相談相手をみつけておくとよいですね。

一覧へ戻る
TOPへ