F鼻づまり
風邪を引いた覚えもないのに、鼻がつまり気味で、おっぱいを飲むのも苦しそうという赤ちゃん、実は意外に多いものです。 鼻づまりでも元気なら、風邪ではないかと不安に思うことはありません。
鼻づまりは、とくに冬の間の乾燥した時期に多いのですが、鼻汁が乾燥して鼻くそになり、つまりがちです。したがって、冬の間は部屋の空気に湿気をもたらすような工夫をしてください。
鼻汁をとる方法としては、お風呂に入った時に湯気で鼻が暖まると、鼻汁がでやすくなります。また、その時に親が赤ちゃんの鼻の穴の両方を口で覆い、勢いよく吸うという方法もあります。
赤ちゃんの鼻づまりは、生後1、2か月に集中的にみられますが、3か月を過ぎますと、鼻の穴も大きくなるので、あまり悩まされなくなります。
でも、ただ単に鼻づまりだけでなく、ミルクも飲まない、機嫌も悪いとか、ほかの症状もある場合は、風邪や副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎などのこともあるので、医師の診察を受けてください。

一覧へ戻る
TOPへ