Bミルクを吐く
授乳後ゲップをだそうとして、背中をトントンしたとたん「ガバッ」と吐いたり、ゲップをだしたのに「ゲボッ」と吐かれたりすると、お母さんとしてはびっくりしてしまいますね。しかし赤ちゃんがミルクを吐くのは「よくあること」です。「ガバッ」と吐いてしまっても、その後ケロッとして機嫌がよく、顔色もよく、体重が増えていれば、なんの心配もありません。
飲んだあとダラダラとよだれのようにでてきてしまうのは溢乳といって、これも全く心配ありません。月齢が増すと共に自然に落ち着いてきます。しかし、噴水のように大量に遠くに「ピュー」と吐いたり、機嫌が悪かったり、体重が減ったり、増えない場合や、吐いたものの中に血液や胆汁が混じっている場合は、すぐ小児科医の診察を受けましょう。
吐いたときは赤ちゃんの顔を横に向かせ、吐いたものが気管に入らないように気をつけてください。

一覧へ戻る
TOPへ