I夜泣き
夜泣きはほとんど毎晩、それも定期的に泣かれるので、たいていのお母さんは睡眠不足に悩まされ、ご近所への気兼ねもあり、まいってしまいます。
お母さんがあれこれ心配してあらゆる原因を考え、それをクリアしてもまだ泣き続け、それも一晩だけでなく、毎晩続くというのが赤ちゃんの夜泣きなのです。
この夜泣きは赤ちゃんを育てたほとんどのお母さんが体験します。夜泣きはその赤ちゃんの昼と夜とのリズムをとっていくときのひとつの現象です。したがって夜泣きに「これだ!」という対策の決定打がありません。
たいがいは生後6か月を過ぎた頃から始まり、2歳頃までにはなくなるようです。
ですから夜泣きは睡眠が大人の形になっていくときのワンステップと考え、お母さんひとりのせいなどと思い悩んだりする必要はありません。
夜泣きを経験したお母さんはいろいろなことをしています。
ドライブに連れだしたり、湯たんぽを入れて足元を暖めてあげたり、おんぶで外を少し歩いたりと、お母さんができる範囲で相手をしてあげています。これが有効だったということがないままに、いつのまにか夜泣きはおさまってしまうものなのです。
どの赤ちゃんもいつかは夜泣きを卒業できます。

一覧へ戻る
TOPへ