@便秘
生後2,3ヵ月頃の赤ちゃんは、お乳をたくさん飲んで吸収し体重が増える時期なので便秘になりやすい傾向があります。
このようなときは、おなかをさすってあげたり、抱っこをして表にでてからだを動かす工夫もよいでしょう。
それでもでにくいようであれば、コヨリか綿棒を使って肛門を刺激したり浣腸をします。この時期の便秘の大半は離乳が進めばなおるものが多いのです。
離乳食が始まり、6,7ヵ月頃になると母乳やミルクの量が減っていくために、水分が不足気味になり、また便秘になるという場合があります。このようなときには、食事では食物せんいの多い野菜や果物を取り入れたり、水分を十分にとるようにしましょう。また外にでる時間を長くしたり、おむつを替える時、おへそのまわりを時計の針が進む方向に手のひらでマッサージをしてあげてもよいでしょう。

一覧へ戻る
TOPへ