Q.テレビや絵本を見ながら指をしゃぶっています。就寝時にも母親がそばにいるのに指しゃぶりをやめません。愛情不足なのでしょうか。(3歳女児)
A.幼児期の指しゃぶりは、母親にすべてを依存して守られてきた赤ちゃんの時期の幸せな気分にひたることのできる、精神安定効果の高い行動であり、ふと退屈したときや、体や心にストレスを感じたときに現れるのではないかと考えられています。指しゃぶりをしているときは、そっと寄り添ったり、手をつないだり、スキンシップをはかってみましょう。また、状況をみて、絵本を読んであげたり、歌を歌ってあげたりするのもよいでしょう。 無理に止めさせようとすれば、かえって固着する場合もあります。自立する力がつき、熱中して遊ぶようになると自然にしなくなります。大人になってもしている人はいないのですから。言葉(「大好きだよ」)と、態度(抱きしめる)で、満足感と安心感を与えてあげましょう。

一覧に戻る