◆赤ちゃんからの読み聞かせ絵本
▼「のりもの いっぱい」(0〜2・3歳向け)柳原良平/作 こぐま社
乗り物とその名前が次々と紹介されていきます。シンプルに表現された自動車、電車などの様々な乗り物は、みんな真ん丸な目がふたつ付いていて、親しみやすい表情をしています。乗り物の名前を楽しく覚えることができる絵本です。
▼「さんねん峠」(2・3歳〜小学校低学年向け)朝鮮のむかしばなし 李錦玉/作 朴民宜/絵 岩崎書店
「転ぶと3年しか生きられない」と言うさんねん峠で転んだおじいさんは、寝込んでしまいました。でも「2度転べば6年、4度転べば12年」と聞いて、ころころ転がっているうちに治ってしまいます。大らかで明るい朝鮮の昔話が色彩豊かに描かれています。
(富山県教育委員会・富山県図書館協会発行 冊子「絵本っておもしろい!」より抜粋)

戻る