大人には、いろいろな個性の人がいますが、赤ちゃんも個性を持っています。母乳の飲み方にも赤ちゃんの個性があらわれます。「時間をかけて、おっぱいを飲むタイプ」「ちょっと飲んで、うとうとするタイプ」「あっという間におっぱいを飲むタイプ」 赤ちゃんの月齢が進むにつれ、飲み方が変化することもあります。赤ちゃんと一緒に過ごしていると、だんだん赤ちゃんの個性がわかるようになってきます。
《詳しくは、パソコンサイトからどうぞ》

タイトル一覧に戻る
TOP