母乳の味は、毎回変わると言われています。また、1回の授乳でも飲みはじめから味は少しずつ変化し、赤ちゃんはいろいろな味を体験することができるとも言われます。飲み始めは、薄い母乳がでてきます。赤ちゃんが飲むにつれ、次第に脂肪を多く含む濃い母乳に変わっていきます。この濃い母乳は、赤ちゃんにとって、とてもおいしく、濃い母乳をしっかりと飲むことが、赤ちゃんの体重の増加につながっていきます。お母さんが栄養のあるものを食べ、水分もしっかりとり、赤ちゃんにどんどん母乳を飲んでもらうことが、赤ちゃんの成長に見合う量の母乳をつくることにつながっていきます。
《詳しくは、パソコンサイトからどうぞ》

タイトル一覧に戻る
TOP