Q赤ちゃんがしょっちゅう母乳をほしがるので、思うように家事ができなくて困っています。どうしたら授乳も家事もできるでしょうか?
A 赤ちゃんのニーズに応えて、授乳したり世話をしたりするなかで、普段の掃除や洗濯、買い物、調理など、家事を簡単に済ませられるよう工夫してみましょう。
−掃除−
装飾のために小物を並べていたら、片付けましょう。小物がなければ、サッとひと拭きで掃除が終わります。掃除は、何かをやるついでにやってしまうこともできます。例えば、お風呂に入ったときに鏡を拭いたり、上がったら、脱衣所の床を拭いたりします。上の子どもがおもちゃを散らかすことがありますね。大きめの段ボール箱を用意しておけば、「よーい、ドン!」と遊び感覚で、入れていけばすぐにリビングに考えて、楽しんで取り組めるといいですね。
−洗濯−
洗濯の時間帯を見直すお母さんがいます。夜に洗濯を済ませ干しておくと、翌日の午前中、赤ちゃんとの時間をたっぷり作ることができます。下着や靴下などを多めに用意しておけば、1〜2日洗濯ができなくてもなんとか生活できます。もちろん、お父さんにも洗濯機の操作を覚えてもらいましょう!
−買い物−
毎日、買い物に行くのは、案外と大変です。お父さんがお休みの日に1週間分の食料をまとめ買いしたり、食材を玄関まで宅配してくれるサービスを利用したりするお母さんもいます。
−調理−
昼間に夕食の下ごしらえを済ませておくと、夕方は、炒めたり・煮たりサッと取りかかれます。また、時間のあるときに多めに作って冷凍しておいても、助かります。食後の片づけは、洗剤を溶かしたお湯に食器をつけておけば、後から洗うときに楽に汚れが落ちます。
朝、授乳しながら、1日の家事の順番を考えてみるといいでしょう。頭の中に家事リストを作り、今日すること、明日以降でも待てることなど優先順位を決めれば、一つひとつ片付けていくことができます。


タイトル一覧に戻る
TOP