Q 赤ちゃんの体重が母子手帳の発育曲線の下のラインに近いです。人工乳をたす必要はありますか?
A 赤ちゃんの体重の増加がゆっくりだと心配に思いますね。発育曲線曲線は、上下の帯の中に94%の赤ちゃんの値が入り、残りの6%の赤ちゃんの値は、帯の上または下にあるという見方をします。ですから、帯の中あるいは外のどのあたりなのか、曲線のカーブに沿って発育しているかどうかを見ることが大切です。体重の増え方がゆっくりのときは、すぐに人工乳をたすのではなく、なぜ発育がゆっくりなのか、その原因を考えてみましょう。そのために、次の確認をしてみてください。
・授乳のときの抱き方と吸いつかせ方は適切ですか? 
・赤ちゃんはしっかりと母乳を飲んでいますか? →1回の授乳の後のほうに出てくる栄養がより多くふくまれた母乳です。
・お母さんが赤ちゃんの欲求に合わせて授乳していますか? →スケジュールを決めて授乳すると赤ちゃんの欲求と合わないことがあります。
・1回の授乳で両方の乳房からしっかりと飲んでいますか?
赤ちゃんの月齢が進み、効率よく母乳を飲むことができるようになると、体重の増加がよくなることが多いですが、病気が原因で食欲がないこともありますので、かかりつけの小児科医に確認してもらいましょう。


《詳しくは、パソコンサイトからどうぞ》

タイトル一覧に戻る
TOP