ゴールデンウィークがやってきます。家族で出かけたり、親戚などの集まりに参加したりすることがあると思います。このようなとき、お母さんは、つい赤ちゃんのニーズを見過ごして、授乳の間隔がいつもよりも長くなることがあります。大人の都合で、授乳を先延ばしにすると、乳房がしこるトラブルにつながったり、赤ちゃんが突然、母乳を飲まなくなったりします。出先であっても、授乳はどこでもできます。車で遠出するときは、赤ちゃんのニーズに合わせて、適宜、車を停めて授乳タイムを取りましょう。行楽地でも木陰やベンチなどで授乳できます。親戚や親の友だちと集まるときでも、赤ちゃんが母乳をほしそうにしたり、ぐずったりしたときは、別の部屋に移ったり、外の空気を吸いに出るなどして、静かな場所に行くことも必要になるでしょう。特別な日でも、いつもと同じように赤ちゃんが母乳をほしがったらどんどん授乳しましょう。赤ちゃん連れで、たいていどこにでも出かけられますが、赤ちゃんの月齢も考え合わせ、余裕をもった計画を立てましょう。

《詳しくは、パソコンサイトからどうぞ》

タイトル一覧に戻る
TOP