春は、会社の異動による転勤が多い時期です。引越しが決まるとお母さんは大忙しです。つい、赤ちゃんの欲求を見過ごしがちになることがあるかもしれません。赤ちゃんが母乳をほしがっているのに、長時間授乳しないと、急におっぱいを飲まなくなることがあります。「ボク(わたし)を見てよ!」とお母さんに伝えようとしているのです。お母さんは、早く母乳を飲ませてあげたいと気持ちが焦るでしょうが、無理に飲ませようとするのは逆効果です。スキンシップを増やし、赤ちゃんが眠そうなときに、歩き回りながら飲ませてみるとうまくいくことが多いようです。多くの場合は、また授乳を続けることができますので、ご安心ください。引越しの準備は、休息をはさみながら進めましょう。引越し当日は、赤ちゃんの生活に必要なもの(お昼寝の布団やおむつなど)は、手元において、授乳はいつもどおり、赤ちゃんがほしがったら飲ませるようにしましょう。新居での荷ほどきは「赤ちゃんと一緒だから、時間がかかるのが普通よ」と考え、無理をせずにゆっくりと取り組みましょう。

《詳しくは、パソコンサイトからどうぞ》

タイトル一覧に戻る
TOP