子育てをつらく思うのはどんなときでしょうか。育児書(育児サイト)に書かれていたり、まわりの人から聞いたりする“一般的な赤ちゃんの姿”と自分の赤ちゃんの様子が違うとき、心配に思う気持ちから「なぜ、みんなと同じでないのか」とつらくなるのです。赤ちゃんの発達には、個性が見られます。育児書とおりに育つことはほとんどいなく、どの子も赤ちゃんのときから個性を発揮します。ほかの子と比べなくても大丈夫! 大切なのは、お母さんやお父さんが自分の赤ちゃんがどんな個性を持っているのかを見つけ、愛情を持って関わってあげることなのです。赤ちゃんは、自分の欲求がかなえられることで安心し、「人を信頼する」ことを学んでいきます。 親にとっても、自分の赤ちゃんの幸せそうな顔に、子育ての喜びが大きくふくらむことでしょう。

《詳しくは、パソコンサイトからどうぞ》

タイトル一覧に戻る
TOP