自然体験タイトルイラスト
入善町
新屋親子ワクワクお泊まり会
日時 平成20年6月21日(土)〜22日(日)
場所 呉羽青少年自然の家
参加者 8組 20人
<内容>
 森の散歩、ザリガニ釣り、ナイトハイク、ターザンロープ、筏遊び  以前、この事業で園児だった子どもたちも小学校2年生になり、その親子が中心になって事業を実施しました。今回は、呉羽青少年自然の家を利用しての野外自然体験です。里山を活かしたコースで自然観察をしながら歩き、夜に同じコースを歩きました。同じ森が昼と夜でまるで違った森になって、景色や吹く風も変わることに親子共々驚きました。そもそも夜に野外を歩くなんてことはなかったですから。さて、ザリガニ釣りは「盛り上がりましたね。池を利用した池遊び。池に向かってロープをもって飛び出したり、筏に乗って遊びました。こんな遊び方があったんですね。みんな初めての体験で、「すっごく楽しかった!(小2女)」そうです。親でよかったなぁと思います。この年になって、こんな体験をさせてもらえるのですから。今時の青少年施設は、いろんなアクティビティ(活動)が充実していますね。家族でも行きたくなりました。
nyuzenphoto1
nyuzenphoto2
nyuzenphoto3
にゅうぜんキッズキャンプ
日時 平成20年10月4日(土)〜5日(日)
場所 国立立山青少年自然の家
参加者 11組30人
<内容>
 森歩き、ネイチャーゲーム、プロジェクト・アドベンチャー、テント泊、野外炊飯  夜もかなり寒くなってきたこともあって、テントサイトも森もフィールドは貸切状態でした。2日間、森の中でたっぷりと自然を味わい遊びました。夜は、冬用のダウンシュラフで温かく眠りました。キャンプは初めてというお父さん、お母さん、おじいちゃんも「本当に楽しかった!」そうです。うん、キッズキャンプじゃなかった?子どもたちは、もちろん、また来年もしたいそうです。
nyuzenphoto4
nyuzenphoto5
nyuzenphoto6
<参加者の声>
・ 母親だけなのでキャンプは連れて行ってやれないかなと思っていたので、本当にいい機会でした。私の中の何かが変わったかのような楽しい2日間でした。(母)
・ 家族で参加しました。キャンプの経験がなかったので心配でしたが、これでお父さんも少しは自信がもてそうです。子どもも大人も、やっぱり野外が好きですね。(父)
・ 森での遊びが楽しかった。初めての人とも仲よくなったのでよかったです。(5歳)