バランスのとれた食事を

大人とちがって子どもの食事は、毎日消費する栄養分のほかに、からだの成長にとっても必要です。
その意味でも、バランスのとれた食生活が健康なからだづくりの基礎となります。この頃は、菓子類
のとりすぎに気をつけ、魚、肉、牛乳、卵、大豆製品などを努めてとらせるようにしましょう。


3〜4歳児の食事のめやす(1回量)

主 食 ご飯なら子ども茶わんに1杯。あるいはパンなら6枚切り1枚

主 菜 肉・魚・卵の中から1回に1品とりいれる

副 菜 大豆製品をとる。豆腐なら1/8丁、納豆なら大さじ1杯

副 菜 色のうすい野菜は炒めて、色の濃い野菜は煮炊きしてどちらか1皿

油脂類   バター、マーガリン、サラダ油1日1回どこかで食べる

おやつ 牛乳、卵、チーズを使ったおやつ、芋類など、午前午後1回ずつ
3歳児の健康ガイド
(東京法規出版)より