古墳時代<3>

のうみんのくらし
農民のくらし       back

 古墳時代の多くの−般庶民は弥生時代に開始された稲作農耕に従事し、竪穴住居に住まいをしました。農具では鉄製の鍬・鋤先が急激に普及し、収穫用の鎌も広がります。現在の日本の農具の原形がこの時代に完成したといわれています。
 むらは数棟から数十棟の住居から成り、さらにいくつかの血縁的に結びついたグル−プに分かれて存在していたようです。竪穴住居は方形で、古墳時代の初め頃には中央に炉が設けられましたが、後期には屋内の壁際にカマドが設けられるようになります。滑川市と上市町にまたがって位置する本江(ほんごう)遺跡(県指定史跡)では中央に炉があり、富山市の古沢A遺跡や小杉町の上野遺跡では壁近くにカマドが設けられています。  大門町の流通業務団地N0.6遺跡では丘陵の斜面に多数の竪穴住居と堀立柱建物(ほったてばしらたてもの)が発掘され、古墳時代後期の須恵器(すえき)生産に従事した工人の集落跡と考えられています。


北野遺跡の竪穴住居跡(6.3m×5.7m ほぼ中央に炉跡がある)