文 化財とは?
建 造物
絵 画
彫 刻
工 芸品
書 跡・典籍・古文書
考 古資料
歴 史資料
史 跡
名 勝
天 然記念物
無 形文化財
無 形民俗文化財
有 形民俗文化財
埋 蔵文化財


【文化財という言葉】
 文化財という言葉は、第2次世界大戦後に文化財保護法(昭和25年制定)ができ る際に新しく生み出された言葉です。この意味は、私たち人類の長い歴史の中で生まれ、育まれ、今日の世代に守り伝えられてきた貴重な財産を指します。

 これは、私たちの歴史、伝統、文化等の理解に欠かせないものであると同時に、将来の文化の向上発展の基礎をなすものであり、その適切な保存・活用を図る ことが極めて重要であるとされています。

【文化財の定義】
 国では文化財保護法により、「我 が国にとって歴史上又は学術上(芸術上)価値が 高いもの」を文化財とし、「国指定文化財」として保護しています。

 また、これに準じて富山県では富山県文化財保護条例によって、「富山県にとって歴史上又は 学術上(芸術上)価値が高いもの」を「県指定文化財」として保護していま す。同様に県内の各市町村でも「各市町村にとって価値の高いもの」を「市町村指定文化財」として保護することとしています。

 私たちが日頃、文化財として目にするものはこうした「指定」された文化財がほとんどです。

【身近な文化財探し】
 指定されなければ文化財ではないのか、というと必ずしもそうではありません。定 義のところで見てきたように、国、県、市町村指定のいずれも、「○○にとって」とあります。つまり、○○に相当するところの文字を替えてみれば、いくらで も文化財は出てきます。

キセル 例えば、あなたのおじいさんが大事にしていたキセル。品物自体は高価 なものではないけれど、キセルにはおじいさんの思い出がいっぱい詰まっていることで しょう。あなたが子孫におじいさんのことを話すとき、キセルはたくさんの思い出を伝えてくれることでしょう。このキセルはあなたの家族にとっては立派な文 化財といえるのです。

【もっと詳しく】

文化財の種別  文化財にはどのような種類があるの でしょうか

文化財の法体系   文化財はどのような法律にもとづいて いるのでしょうか

文化財の保護と活用   文化財の保護の注意点とは


■ 退室する(トップページヘ)■

Copyright (C) 2005- 富山県教育委員会生涯学習・文化財室