元気とやま!子育て応援企業

登録企業紹介

砺波工業株式会社

社員の能力が十分に発揮できるよう、働きやすい職場環境づくり(仕事と家庭の両立)に努めます。

代表取締役社長 上 田 信 和


企業名 砺波工業株式会社
業種 建設業
所在地 富山県砺波市中央町3番21号
従業員数 86名
代表者名 代表取締役社長 上 田 信 和
トップの子育て応援
メッセージ
社員の能力が十分に発揮できるよう、働きやすい職場環境づくり(仕事と家庭の両立)に努めます。
TEL 0763-32-3105
FAX 0763-32-3887
ホームページ http://www.tonamikogyo.co.jp
行動計画の期間 平成30年11月18日 ~ 平成33年11月30日
行動計画の内容 ■働き方改革によって、時間外労働の上限規制や、年次有給休暇取得の見直しを進めている中で、
仕事と家庭生活の両立の支援とそのための環境整備を図る

目標1 子供に関わる諸行事(出産・入学式・卒業式・運動会・学習発表会等)における参加(休暇取得)
を促進する。また、ITを活用した働き方を図り環境を整える。
【 対策 】
・平成30年 11月  11月末までに、社員の有給休暇取得と看護休暇取得を把握する。
・平成30年 12月  仕事と家庭の両立に関し社員のニューズを把握し、当社の課題を分析する。
・平成31年 2月  分析した結果を検討し措置を実施するための準備を行う。
・平成31年 5月  上記措置を実施し、社員へ周知する。
・平成31年 6月  仕事と家庭の両立に関する相談体制の整備を行う。

目標2 仕事と介護の両立支援策について、現行制度の周知及び促進を図る。
【 対策 】
・平成30年 11月  仕事と介護の両立に関し社員のニューズを把握し当社の課題を分析する。
・平成31年 1月  検討した措置を実施するための準備を行う。
・平成31年 4月  上記措置を実施し、社員へ周知する。
・平成31年 5月  介護に関する相談体制の整備を行う。

■育児休業等を整えた結果、女性職員の平均勤続年数は男性職員と変わらなくなった。
そこで今後は、女性職員のキャリア形成を図り活躍の職域の拡大を図る。

目標1 女性職員が活躍できる職域を拡大するための諸施策に取組。
【 対策 】
・平成30年 11月  キャリア形成をサポートさせる研修等へ参加させる。
・平成30年 11月  女性職員も男性職員に交じり安全パトロールへの参加。
・平成31年 2月  各自のキャリア形成把握のため、アンケート・ヒヤリング等の実施を行う。
・平成31年 3月  アンケート結果を踏まえ、個人面談の実施をする。
・平成31年 4月  キャリア研修等へ参加させる。

目標2 女性技術者の採用に向けての取組 現員0人→2人以上に増やす
【 対策 】
・平成30年 11月  女性技術者の応募を増やすため、学生向けパンフレットの内容の見直し。
・平成31年 2月  学生向け説明会への内容検討を行う。(女性も活躍できる職場である事を紹介)
・平成31年 3月  学生向け説明会への参加(毎回内容を検討する)。
・平成31年 7月  女性採用拡大に向けたインターンシップの実施を行う。
両立支援の取組み実績及び
今後の取組み予定
【取組実績】
育児休業中の社員に、復帰後、仕事と子育てが両立できるように(育児短時間勤務・時間外労働の制限等)話し合い、復帰後の予定を決める。
また、社員に子の看護休暇の呼びかけ

【今後の取組み予定】
・社員全員に、ノー残業day及び休日出勤を減らし、家族とのふれあいや、子に関わる諸行事の参加の為の有給休暇の推進を図る。
・看護休暇の内容を社員に把握してもらい、適用時に看護休暇を取得してもらえるよう推進を図る。
*制度を整えるだけではなく、社内全体が有給休暇や看護休暇を取りやすい雰囲気づくりに心がける。
わが社の自慢の取組み 仕事と家庭の両立支援を図り、社員に働きやすい職場環境づくりに力を入れております。
育児休業制度は、子が3歳に達するまで取得でき、産前産後中の給与の支給。また、有給休暇とは別に、子の看護休暇を設ける(男女職員取得者 有)また、 出産祝金制度の支給 等、制度だけではなく、休暇を取りやすい雰囲気づくりを心がけております。
企業PR 「感謝」の気持ちと「技術」を通して富山県の発展に貢献しています。 土木・建築に加え、海洋事業や環境事業にも取組み、愚痴と言われても仕上がりには徹底的にこだわり、今後も、富山県の皆様に感動を与える仕事をし続けたいと考えています。
採用情報 富山県内で就職活動を考えている
“バイタリティ溢れる土木・建築技術作業員”
募集してます。
企業画像