富山県土地利用基本計画

目的

富山県土地利用基本計画は、県土について適正かつ合理的な土地利用を図るため、国土利用計画法第9条の規定に基づき、国土利用計画(全国計画)を基本として策定している。

役割

この計画は、県の区域について、@都市地域、農業地域、森林地域、自然公園地域及び自然保全地域の5地域区分、A土地利用の調整等に関する事項を内容とし、土地取引の規制、開発行為の規制及び遊休土地に関する措置を実施するための基本となるものであり、都市計画法、農業振興地域の整備に関する法律、森林法等に基づく諸計画に対する上位計画として行政部内の総合調整機能を果たすとともに、土地取引に関しては直接的に、開発行為については個別規制法を通じて間接的に、規制の基準としての役割を果たすものである。