水のおもしろ雑学/ミネラルウォーター入門

水のおいしさ | ミネラルウォーター入門 | 水でお料理上手水とのつきあい方 | 水用語集 | 水クイズ


◆知るほど広がるミネラルウォーターの魅力

今やすっかり私たちの暮らしにとけこんだミネラルウォーター。
あなたのお気に入りはどんな水ですか?いつもどんな基準で選んでいますか?
ミネラルウォーターのこと、もっと知って、楽しみましょう。


ミネラルウォーターの種類

ミネラルウォーターのボトルの商品情報をよく見ると、品名が「ナチュラルウォーター」や「ナチュラルミネラルウォーター」などと表示されていることに気づきます。ミネラルウォーターは、日本では農林水産省が定めたガイドラインに従って4つの品名に分類されています。
分類 品名 原水 処理方法
ナチュラル
ウォーター
ナチュラル
ウォーター
特定水源より採水された地下水 ろ過、沈殿および加熱殺菌に限る
ナチュラル
ミネラル
ウォーター
特定水源より採取された地下水のうち、地下で滞留または移動中に無機塩類が溶解したもの。鉱水、鉱泉水など
ミネラル
ウォーター
ミネラル
ウォーター
ナチュラルミネラルウォーターの原水と同じ ろ過、および加熱殺菌以外に、次にあげる処理を行ったもの。
複数の原水の混合、ミネラル分の調整、オゾン殺菌、紫外線殺菌、曝気など
ボトルド
ウォーター
ボトルド
ウォーター
飲用適の水。純水、蒸留水、河川の表流水、水道水など 処理方法の限定なし



硬水と軟水


水源地や地域によって水に溶け込む成分は異なり、おのずと水の味や個性に違いが生じます。違いを表す目安として「硬度」があり、水に含まれるカルシウムとマグネシウムの量から計算されます。この数値が高ければカルシウムとマグネシウムを多く含む「硬水」で、数値が低くければ含有量が少ない「軟水」です。
基準となる数値はいろいろありますが、硬度100mg/リットル未満を「軟水」、300mg/リットル以上を「硬水」、その間の100〜300mg/リットルは「中硬水」と大きく分類されます。
日本の水は軟水が多く(国産ミネラルウォーターの硬度平均値は91)、輸入されているミネラルウォーターは硬度10以下から3,000近いもの、炭酸が溶け込んでいるものなどさまざまです。
硬水と軟水の上手な使い分けはこちらをご参考に!
硬水と軟水の上手な使い分け


そもそもミネラルとは


地球に存在する元素のうち、炭素、水素、酸素、窒素を除いたものの総称が「ミネラル」です。カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウム…etc、さまざまなミネラルがあります。タンパク質、炭水化物、脂質、ビタミンと並ぶ5大栄養素のひとつでもあり、人が生きるために欠かせません。

〈いろいろなミネラルの働き〉
カルシウムカルシウム/人の体に最も多く含まれるミネラル。骨や歯を強くするほか、精神を安定させ、不眠を解消する。多量に含まれた水は飲みごたえがあり甘みを感じる。
マグネシウムマグネシウム/カルシウムの代謝を助けて骨や歯の強化に働く。腸を刺激するので便秘解消にもよい。水に多量に含まれていると苦味や渋みが強くなる。
ナトリウムナトリウム/体液の量やpH(水素イオン濃度)の調節、筋肉の収縮と密接な関わりがある。
カリウムカリウム/筋肉の収縮を助ける。カルシウムと結びついて血圧を下げる効果もある。

▲このページのトップへ戻る