とやまの水を知ろう/とやまの深層水

おいしさのワケ水のプロフィール・DATAとやまの「水」スポットとやまの水生生物とやまの名水とやまの深層水


富山湾◆新しい水の夢は、深く限りなく

深層水」という言葉も存在も、まだ知る人の少なかった1986年。
富山湾ではいち早く調査と研究が始まりました。
知れば知るほど魅力も可能性も深まる深層水は今、
水と人のつながりに新たなシーンをひらいています。

ここがちがう!最も深い海から…

深層水図解富山湾の広さは約2,120平方キロメートル、最深部は1,000メートル以上あり、駿河湾や相模湾と並んで我が国で最も深い湾の一つです。富山湾は、大きく分けて三つの層で構成されており、海岸に近いところには河川などの影響を受けた塩分濃度の低い「沿岸表層水」、その下層から200〜300メートル付近には「対馬暖流系水」、そして300メートル以深には低温の「日本海固有水」が大量に存在し、この日本海固有水が深層水とよばれています。




ここがスゴイ!深層水の特長

いつも冷たい!「低温安定性」
富山湾の深層水は季節による温度の変動がなく、1年を通して水温2℃前後の安定した低温です。
栄養たっぷり!「富栄養性」
窒素やリンなどの栄養塩(植物プランクトンの栄養源)が豊富で、ミネラルもバランスよく含まれます。
とてってもキレイ!「清浄性」
表層水に比べて有機物や細菌類が非常に少なく、化学的にも細菌学的にも極めてきれいです。


ここに注目!とやまブランド

富山の深層水マーク現在150以上の民間企業などが富山湾の深層水の分水を受け、ミネラルウォーター、発泡酒、シャンプー、化粧品、バスグッズ、パン、うどん、かまぼこ、だしつゆ、まんじゅう、沖漬け、漬物、惣菜…etc、すでに460品目を超える商品を発売し、いずれもご好評をいただいています。
これらのとやまの深層水を使った商品には、公認のブランドマークがついています。今後もさまざまな商品がデビューしていく予定ですが、このマークを目印にとやまブランドの深層水商品をお選びいただき、ぜひともその魅力をお試し・お楽しみください!


<とやま21世紀水ビジョン(概要版)関連ページ>
第3編 第2章 2.水を活かした産業の振興

<関連リンク>
富山深層水協議会 http://www.t-deepsea.jp/


▲このページのトップへ戻る