とやま21世紀水ビジョン(概要版)

とやま21世紀水ビジョン(概要版)健全な水循環系イメージ図とやま21世紀水ビジョン(全文)


◆とやま21世紀水ビジョン(概要版)


第3編 施策の展開方向

第2章 水を活かした文化・産業の発展(伝え・はばたく)

1.水に関する歴史風土と水文化の継承

施策の基本方向
 水文化の良さや大切さを見直し、地域で育まれた水文化の保全を図り、次世代に継承し発展させます。


施策の推進方向
 ●治水・利水文化の継承  
   ・治水・利水技術の紹介・継承 
   ・水防工法の継承  
   ・水配分方法の継承
 ●伝統的産業における水文化の継承・発展  
   ・伝統的地場産業の継承・発展  
   ・伝統的川魚漁の継承
 ●暮らしの中の水文化の啓発  
   ・日常生活の中での水文化の継承  
   ・子供たちへの水文化の継承  
   ・新たな水との付き合い方や生活様式の転換

<関連ページ>
治水・利水文化
伝統産業
暮らしの中の水文化

2.水を活かした産業の振興

施策の基本方向
 優れた水を県内外にPRし、名水の保全や深層水のさらなる利活用に努めます。 また、水を利用した産業の展開を図るとともに、水の魅力を活かした観光の振興を図ります。

平成の名水百選:いたち川のどんどこ 石倉町の延命地蔵の水 施策の推進方向
 ●名水の保全と利用   
 ●深層水の利活用
 ●水を利用した産業の展開 
 ●観光の振興



<関連ページ>
とやまの名水
とやまの深層水

3.水を通じた交流と連携

施策の基本方向
水土里ウオークin魚津(円筒分水槽) 水問題に対処するため、水を介した地域の交流、連携の強化、推進を図ります。

施策の推進方向
 ●地域の交流、連携の推進
 ●ボランティア活動の推進
 ●水文化を通しての海外交流


4.水環境学習の推進

施策の基本方向
 次世代への水文化の継承や豊かな人間形成のため、水環境や水文化に関する調査研究を進めるとともに、情報発信に努めます。
「水辺のすこやかさ指標」による水辺の調査 「水辺のすこやかさ指標」による水辺の調査
施策の推進方向
 ●学習・観察の機会の提供
 ●水環境や水文化に関する調査研究
 ●水文化の情報発信


 実現目標
目標指数 現況(H23年) 目標(H33年)
(9)水文化に関する活動に
取り組んでいる団体数
182団体 210団体
(10)農村環境の保全を目指す
 集落数
1,239集落 1,300集落
(11)水に関する生活の知恵や
使い方に古くからのものが残って
いると思う人の割合
48% 意識の向上を図る




第1編 |第2編 | 第3編 第1章 I. 第1章 II. 第1章 III.  第2章  第3章 | 第4編

▲ページのトップへ