とやま21世紀水ビジョン

とやま21世紀水ビジョン(概要版)健全な水循環系イメージ図とやま21世紀水ビジョン(全文)


◆とやま21世紀水ビジョン(概要版)


第3編 施策の展開方向

第1章 健全な水循環系の構築
 I.水源対策(蓄え・はぐくむ)


1.森林の保全

施策の基本方向
森林の保全 森林の整備及び保全にあたっては、森林の状態や立地条件に加え、地域ニーズ等を反映した多様な森づくりを推進します。

施策の推進方向
 ●健全で機能の高い森づくり  
   ・多様な森林整備の推進  
   ・県民参加による森づくりの推進

 ●森林の適正な保全と管理
   ・保安林機能の充実と公益的機能の確保  
   ・森林の公益的機能評価手法等の確立
   ・水源地域の保全

<関連ページ>
森林の整備・保全

2.水源山地等の保全

施策の基本方向
 利水・治水施設の長期的な機能維持、水源地域の治山・砂防事業を推進し、棚田等の保全に努めます。
水源産地等の保全
施策の推進方向
 ●治山・砂防事業の計画的な推進  
 ●流域一貫の総合的な土砂の流出対策
 ●棚田等の保全



3.地下水の保全とかん養

施策の基本方向
 豊富で良質な地下水を将来とも利用していくため、県民、行政が一体となって各種の地下水の保全と、かん養の施策を推進します。水田を活用した地下水涵養(立山町四谷尾)

施策の推進方向
 ●地下水の保全と適正利用  
 ●冬期間の地下水位低下対策
 ●地下水のかん養
 ●湧水の安全管理


富山地域の地下水位の変化

▲富山地域の地下水位の変化

<関連ページ>
湧水・自噴井戸、地下水かん養、名水66選

 実現目標
目標指数 現況(H23年) 目標(H33年)
(1)森林整備延べ面積(累計) 27,302ha 45,000ha
(2)地下水揚水量の適正確保率 100% 100%




第1編 |第2編 | 第3編  第1章 I. 第1章 II. 第1章 III. 第2章 第3章 | 第4編

▲ページのトップへ