世界の水問題/地球の水資源

地球の水資源 | 仮想水問題 | 地球温暖化 | 酸性雨


◆知っていますか?地球の水事情

「20世紀は石油をめぐり戦争が起きた。21世紀は水を奪い合う戦争が始まる…」
1995年に世界銀行副総裁イスマエル・セラゲルディン氏は、こんな予測をしました。
21世紀を、世界の人が水を分かち合い、大切に育む時代としていくために、
地球と水の現状を知り、見直すときがきています。


〈地球の水はどこにある?〉

「水の惑星」といわれる地球。しかし水の約97.5%は海水などで、淡水は約2.5%にすぎません。しかも淡水のほとんどは南極や北極の氷で、私たちが使えるのは河川や湖沼の水などわずか0.01%です。

▼地球の水資源
地球の水資源
(注)
1. World Water Resources at the Beginning of 21st Century ; I. A.
  Shiklomanov and John C. Rodda , 2003 をもとに国土交通省水資源部作成。
2.南極大陸の地下水は含まれていない



〈ホントに水に恵まれているの?〉

わが国の年間降水量は1,690mmと世界平均(810mm)の約2倍です。ところが狭い国土に人口が密集しており、1人当たりの降水量は世界平均の3分の1ほどです。しかも降水は梅雨や台風、降雪時に集中し、気象に大きく左右されます。また短い急流河川が多く、降った雨が短時間で海へ流れ出てしまいます。水に恵まれていると思われているわが国でも、水はやはり貴重な資源なのです。

〈世界の水問題は深刻です〉

農業や産業の発展、人口増加などにより、世界中で使われる水の量は増え続けています。各国で水不足が起き、水質汚染や洪水被害が増加するなど、世界の水問題はますます深刻になっています。

世界的に人口が増加…
●2011年に70億人を突破した世界の人口は、2025年には80億人に達すると予想されており、世界の水需要も大幅に増加することが懸念されている。

水が減っていく…
●中央アジアのアラル海は、過剰取水によりこの50年間で面積は27%、水量は約10%に激減した。
●中国第二の大河である黄河は90年代には、年間200日以上は断流していた。

水が汚れている…
●世界人口(70億人)の約11%にあたる7.8億人は安全な飲み水を断続的に得られない。
●25億人は下水道など衛生施設のない生活をしている。

異常気象が続く…
●世界中で渇水や集中豪雨などの異常気象が増えている。

▲このページのトップへ戻る