「とやまの名水」をはじめ、水環境を守る富山の保全活動団体など、富山の水環境に関する情報を発信

とやま名水ナビ 人がつなげる水環境

活動報告・イベント体験談などまってま?す♪

トップページ > 守ろう > 保全活動団体 > 本保自治会

守ろう!富山の水としぜんを守る人たち

ほんぼじちかい

本保自治会

活動場所:高岡市本保地区

活動内容

  本保地区は、庄川扇状地〈しょうがわせんじょうち〉の末端〈まったん〉部に位置〈いち〉する水田地帯〈ちたい〉であり、地面を2~3m掘〈ほ〉るだけでわき水が出る、地下水の豊富〈ほうふ〉な地いきである。住民〈じゅうみん〉のほとんどは、地下水をくみ上げて生活水として利用している。
 この地区内の水田地帯には暗渠排水路〈あんきょはいすいろ〉が張〈は〉りめぐらされ、そこからわき出る、水温13~14℃の湧水〈ゆうすい〉が一年中流れ込んでいる小川において、平成21年にホタルがたくさん見られることがわかり、「本保火垂川〈ほんぼほたるがわ〉」と名付けて看板〈かんばん〉を設置〈せっち〉した。そして、川水の水質調査〈すいしつちょうさ〉を行い、ホタルが生息する上で問題がないかを調べた。以来〈いらい〉、水路脇〈わき〉に、アジサイやユキヤナギを植え、ホタルが集まりやすい環境〈かんきょう〉づくりに努〈つと〉めている。また、ホタルが飛〈と〉び交う時期が終わるころまでは農薬の散布〈さんぷ〉を控〈ひか〉え、草かりも行わないことにしている。
 このように、住民は環境保全〈ほぜん〉への意識〈いしき〉を高くもち、地区全体できょう力し合ってホタルとホタルの生息環境を守っている。自然〈しぜん〉のめぐみに感謝〈かんしゃ〉し、ホタルの保全を一番に考えて様ざまな活動をつづけている。

概要
代表者 会長 春日 貞夫
事務局住所 非公開
連絡先 0766-31-0454(春日宅)
構成組織 本保地区住民
活動時期・頻度 通年・随時
沿革
平成21年 活動開始
画像1
画像2
画像3

ひとこと

 平成22年6月に、講師〈こうし〉をまねいて、ホタル鑑賞〈かんしょう〉会を2度行った。この鑑賞会には、地区内外から人が集まり、ホタルの乱舞〈らんぶ〉と光を楽しんだ。今後は、見て楽しむだけでなく、ホタルの生態〈せいたい〉やホタルの生息環境保全の大切さについても知ってもらいたいと、勉強会を計画している。