「とやまの名水」をはじめ、水環境を守る富山の保全活動団体など、富山の水環境に関する情報を発信

とやま名水ナビ 人がつなげる水環境

活動報告・イベント体験談などまってま?す♪

トップページ > 守ろう > 保全活動団体 > 薮波川ホタルの里を守る会

守ろう!富山の水としぜんを守る人たち

やぶなみがわほたるのさとをまもるかい

薮波川ホタルの里を守る会

活動場所:小矢部市浅地の薮波川

活動内容

 十年あまり前にホタルがもどってきた薮波川に、もっとホタルをふやしたいと活動を始めた。活動は薮波地区〈やぶなみちく〉の全600戸のきょう力で、川の中のそうじ、川ぞいの草かりをしている。子ども向けには、ホタルの幼虫観察会〈ようちゅうかんさつかい〉、川の水と生き物の調査〈ちょうさ〉、ホタルの観察会〈かんさつかい〉、川の学習会などを行っている。川の学習会では、子どもたちに川の中へ入ってもらい、自然〈しぜん〉の中にいるホタルの幼虫〈ようちゅう〉を見る体けんをさせている。このような活動を通して、大人も子どもも、川にかん心を持つようになった。川の工事があれば、川がよごれないかと心配するなど、これまでい上に川を大切に思い、川へのゴミのポイすてがなくなった。薮波公民館〈やぶなみこうみんかん〉には、子どもたちが研究や観察会〈かんさつかい〉をした時の写真〈しゃしん〉や活動報告〈ほうこく〉が、かべ一面にはってある。

概要
代表者 会長 山田 茂夫
事務局住所 小矢部市浅地672-1(薮波公民館)
連絡先 0766-61-2046(薮波公民館)
構成組織 薮波地区住民
活動時期・頻度 春から秋・月1回
沿革
平成15年 活動開始
平成17年 設立
画像1
画像2
画像3

ひとこと

 薮波川では、ゲンジボタル・ヘイケボタルの2種類〈しゅるい〉のホタルが生息〈せいそく〉し、初夏〈しょか〉の風がない晴れた日の夜に多く見ることができる。光りつづけるとしばらく休み、またふたたび光ることを2週間ほどくり返す。ホタルたちがいっせいに光っているタイミングに見学できるととても感動する。