「とやまの名水」をはじめ、水環境を守る富山の保全活動団体など、富山の水環境に関する情報を発信

とやま名水ナビ 人がつなげる水環境

活動報告・イベント体験談などまってま?す♪

トップページ > 守ろう > 保全活動団体 > 千保川をきれいにする会

守ろう!富山の水としぜんを守る人たち

せんぼがわをきれいにするかい

千保川をきれいにする会

活動場所:高岡市木津の千保川と千保川土手

活動内容

 平成〈へいせい〉11年に高岡〈たかおか〉市立木津〈きづ〉小学校の児童〈じどう〉が高岡〈たかおか〉市内の千保川のよごれを調べ学校新聞に書いたことがきっかけで、本格的〈ほんかくてき〉に南星町町内会が調査〈ちょうさ〉し、平成〈へいせい〉14年に南星町町内会を中心に、この「千保川をきれいにする会」がつくられた。 一文橋〈いちもんばし〉から南星橋〈なんせいばし〉の間の川ぞいの道の草むしり、川の中のゴミ拾いといった活動を、年に5〜8回行っている。そのほかにも、桜〈さくら〉ウォーキング、川についての学習会、サケ・コイの放流、小学生へのサケのし育指導〈しどう〉などを行っている。平成〈へいせい〉16年には「千保川をきれいにする連絡協議会〈れんらくきょうぎかい〉」がつくられ、年1回「千保川清流新聞〈せいりゅうしんぶん〉」を発行し、千保川ぞい9校区の37町内への連絡〈れんらく〉もできるようになった。

概要
代表者 会長 横越 啓子
事務局住所 非公開
連絡先
構成組織 高岡市立木津小学校区の住民など
活動時期
・頻度
通年・月1回
沿革
平成14年 設立
平成17年 環境省 環境管理局水環境部長表彰
平成18年 国土交通省 一級水系水濁協会長表彰
北日本新聞社 地域社会賞表彰
平成24年 富山県功労表彰
画像1
画像2
画像3

ひとこと

 3月、9校区の児童〈じどう〉が川にサケの稚魚〈ちぎょ〉を放す時の目はキラキラとかがやいている。小学生たちはサケを卵〈たまご〉からし育することを通して命の大切さを学び、生き物への親しみを感じる。稚魚〈ちぎょ〉の放流は、子どもたちが千保川〈せんぼがわ〉に興味〈きょうみ〉をもつきっかけとなる貴重〈きちょう〉な体験〈たいけん〉となっている。会ではホームページも作成している。
アドレスhttp://www.geocities.jp/kf_mozu/index.html