「とやまの名水」をはじめ、水環境を守る富山の保全活動団体など、富山の水環境に関する情報を発信

とやま名水ナビ 人がつなげる水環境

活動報告・イベント体験談などまってま?す♪

トップページ > 守ろう > 保全活動団体 > 八木山の滝保勝会

守ろう!富山の水としぜんを守る人たち

やきやまのたきほしょうかい

八木山の滝保勝会

活動場所:富山市八木山の滝とその周辺

活動内容

 眼病〈がんびょう〉にきくとも言われ、大正初期〈しょき〉から昭和10年ころには、滝〈たき〉に打たれようとたくさんの人がおとずれた「八木山の滝〈たき〉」。「八木山の滝保勝会」は、そのまわりのそうじや整備〈せいび〉を昭和26年から行っている。滝〈たき〉の周辺〈しゅうへん〉は木でかこまれているため、秋は、落ち葉が多く、急な階段〈かいだん〉や、その上にある滝御堂〈たきみどう〉、そして八木山不動尊〈やきやまふどうそん〉などのそうじを行っている。また、年に1度、6月には、地域〈ちいき〉の人たちといっしょに、「お不動尊〈ふどうそん〉祭り」を行い、湧〈わ〉き水に感謝〈かんしゃ〉をささげるとともに、これからも豊富〈ほうふ〉な水がかれることがないようにとねがっている。滝〈たき〉から200mほど歩くと、道をはさんで、水くみ場があり、地元の人びとがかつては、ここで洗濯〈せんたく〉し、生活にはかかせない場所であった。

概要
代表者 会長 徳永 勲
事務局住所 非公開
連絡先 非公開
構成組織 町内役員
活動時期・頻度 3、6、12月・年3回
沿革
昭和26年 設立、活動開始
画像1
画像2
画像3

ひとこと

 昔は、夏になると、この湧〈わ〉き水の滝〈たき〉に打たれようと、多くの人がおとずれた。明治〈めいじ〉のころからある八木山不動尊〈やきやまふどうそん〉からは、さんぽ道を歩いて10分ほどで稲荷神社〈いなりじんじゃ〉に行くことができる。

水にまつわるおすすめスポット

八木山の滝
かつて、八木山の村人たちは、岩肌〈いわはだ〉の間〈あいだ〉から流れ出てきた湧〈わ〉き水を、飲み水や田…
スポットの詳細はこちら>>