みんなできれいにせんまいけ
Home > そして、使い終えた物は、できるだけ再生利用しよう[リサイクル]
そして、使い終えた物は、できるだけ再生利用しよう[リサイクル]

リサイクルとは「リサイクル」とは、使用済み製品や生産工程から出るごみなどを回収して、再生利用しやすいように処理・加工し、新たな製品の原材料として再び使用することをいいます。

例えば...

段ボールはリサイクルの優等生とされています。回収された段ボールの9割以上が再び段ボール原紙として利用されています。回収された段ボールは、だいたい7回くらい、リサイクルされています。

など

イカジイ
ごみを種類ごとに分けて出すことで、再生紙、衣料、ビン、アルミ缶などの製品に再び生まれ変わるんじゃ

T坊
「リデュース」と「リユース」と「リサイクル」をあわせて、
3R(スリーアール)っていうんだよね
そのとおり!「3R(スリーアール)」とは、「Reduce(リデュース)」、「Reuse(リユース)」、「Recycle(リサイクル)」の3つの取組みを合わせたものなんじゃ。
「リサイクル(資源として再生利用する)」はお馴染みの言葉になっておるが、たくさん「リサイクル」をするよりも、優先的に「リデュース(ごみを出さないようにする)」や「リユース(ものを繰り返し使う)」に取り組むことが大切じゃな。
ごみを出さないようにすることが海岸漂着物を減らすことにつながるんじゃよ。
イカジイ