家庭用省エネ設備普及促進モデル事業の効果


                                                                             
                                                                                              
                                                     中小企業等はこちら       

                                                                                    トップへ


           「家庭用省エネ設備普及促進モデル事業」によって省エネ設備を設置した家庭の設備設置前後
          の光熱水量や光熱水費のデータから、その省エネ効果等を試算しました。

           その結果、オール電化にする等により、電力使用量が増える家庭が見られたものの、ガスや灯油
          を使用することがなくなったり、使用量が減ったりしたため、全体的には多くの家庭で省エネ効果
          等が見られました。

                       

省エネ設備の例


                             22年度に省エネ設備を設置したご家庭               


    モデル事業を実施した家庭 : 61件

    
各家庭から提出されたデータから試算した省エネ効果等★
   ・光熱水費(1家庭あたりの平均): 年間約7万2千円減 
   ・CO
排出量(床面積1㎡あたりの平均): 年間約13㎏減 
   ・エネルギー消費量(床面積1㎡あたりの平均): 年間約224MJ減

                                                  年間約44%減
               

※あくまでも平均値であり、各家庭の状況によっては、必ずしも同様の効果が出るとは限りません。



                              23年度に省エネ設備を設置したご家庭                 


    モデル事業を実施した家庭 : 71件

    
各家庭から提出されたデータから試算した省エネ効果等★
   ・光熱費(1家庭あたりの平均): 年間約12万円減 
   ・CO
排出量(床面積1㎡あたりの平均): 年間約7㎏減 
   ・エネルギー消費量(床面積1㎡あたりの平均): 年間約155MJ減
                            年間約35%減
 
               

※あくまでも平均値であり、各家庭の状況によっては、必ずしも同様の効果が出るとは限りません。

  取り付け設備の組み合わせ例