ホームオゾン層保護対策> オゾン層保護・地球温暖化対策Q&A

オゾン層保護対策Q&A
 オゾン層保護のため、オゾン層を破壊する特定フロンの代替物質として、オゾン層を破壊しないフロン(代替フロン)が開 発され、普及してきました。
 しかし、代替フロンの多くは地球温暖化をもたらす温室効果ガスであり、二酸化炭素の数百倍から数千倍もの温室効果があります。
 オゾン層保護だけでなく、地球温暖化対策として、フロンを改めて考えてみましょう!

Q1 フロンガス=温室効果ガスはどうして?

A1
 フロンは二酸化炭素と同様、熱を地表付近にとじ込める温室効果をもたらします。
 温室効果があるガスには多くの種類があり、中でも二酸化炭素やフロンのように影響の大きいガスが削減の対象になっています。フロン類の中では、エアコン や冷蔵庫の冷媒、スプレーの噴射剤などに使われているフロンなどが温室効果ガスとして定められています。
 この他のフロン類についても温室効果が大きいため、大気中への放出には十分注意しましょう。


Q2 フロンガスはどのくらい地球温 暖化に影響するの?

A2 
 フロンは熱を地表付近に閉じ込める効果が大きく、二酸化炭素の数百倍から数千倍、中には1万倍を超えるガスもあります。
 そのため、同じ重さを大気中に放出した場合、フロンの方がより地球温暖化に影響します
 例えば、エアコンの中に含まれるフロンガスを1g放出するだけで、1〜10kgの二酸化炭素を大気中に放出したときと同等の影響があります。

詳しくは → −オゾン層を守ろう2014−(環境省ウェブサイト内)


Q3 フロンの回収や破壊は地球温暖化防止にどれくらい貢献しているの?

A3
 これまでのフロンの破壊によって、二 酸化炭素に換算して5,042万トン相当が削減されたことになります(平成15〜18年度の合計)。
 
※フロンガスが回収や破壊されずに放出されていた場合の排出量と比較

詳しくは → −日本における冷媒フロン類の回収、破壊の状況−(環境省ウェブサイト内


Q4 オゾン層保護と地球温暖化防止のためにできることは?

A4 
 最近では、フロンに代わり、オゾン層を破壊せず地球温暖化の影響の小さい物質の使用が広がり始めています。まずは、できるだけノンフロンの製品を選びま しょう。(参考 オゾン層保護対策Q&A



問合せ先)
〒930-8501 富山県富山市新総曲輪1番7号
富山県生活環境文化部環境政 策課地球環境係
TEL 076-444- 8727 FAX 076 -444-3480