とやまの中山間地域ってどんなところ?

助成事業

中山間地域等直接支払制度

対象となる地域と農用地、対象者

○対象となる地域
地域振興5法(特定農山村法、山村振興法、過疎地域自立促進特別措置法、半島振興法、離島振興法)の指定地域及び知事が指定する地域
○対象となる農用地
対象となる地域のうち、農振農用地区域内で、急・緩傾斜要件に該当する農業生産条件が不利な1ha以上の面的なまとまりのある農用地
(1ha未満の小団地や飛び地なども共同取組活動が行われる場合は、対象農用地として取り込みが可能)
○対象者
イラスト 集落協定等に基づいて、5年間以上継続して農業生産活動を行う農業者
(生産組織や農業生産法人なども対象)

農用地の傾斜条件と交付単価

【農用地の傾斜要件】
傾斜要件図
【10a当たりの交付単価】
区分 地目 体制整備単価 基礎単価
急傾斜 21,000円 16,800円
11,500円 9,200円
緩傾斜 8,000円 6,400円
3,500円 2,800円

第3期対策の協定締結に向けて

  • 制度開始から10年が経過し、高齢化の進行など、集落の状況が変化しています。集落の更なる活性化のためにどうすべきかなど、集落の今後を皆さんで話し合ってみましょう。
  • 過疎化や高齢化により、集落単独での活動が難しい場合は、近隣集落等と連携した取り組みについて話し合ってみましょう。
  • 集落の耕作放棄地について、集落や地域など、皆の力で農用地として復元し、協定農用地として守りましょう。(別途、耕作放棄地の復元に対する支援もあります)

事業の手続き方法

手続き方法流れ図