とやまの中山間地域ってどんなところ?

富山県の条例

条例の概要

3つの基本目標

写真

多面的機能向上と地域の活性化

農山漁村及び農林漁業が持っている多面的機能の維持向上と農山漁村地域の活性化。

写真

就業の場の確保と生活の安定向上

交流施設の整備などによる農山漁村における就業の場の確保と地域住民の生活の安定向上。

写真

県民理解の深化と郷土愛の育成

農林漁業などに関する教育の普及による農山漁村の多面的機能についての県民理解の深化と郷土愛の育成。

*注解:
農山漁村や農林漁業が持っている「多面的機能」とは、農地や森林などが有している洪水防止機能や地下水の涵養機能、生態系保全機能などのことをいいます。

それぞれの役割

都市農山漁村交流を、県民・事業者・市町村・県が適切に役割分担し、相互の連携と協力の下に推進していくために、それぞれの責務を定めています。

県民は、次のことを努めます。
  • 都市と農山漁村との交流活動への参加
  • 地域農産物などの利用
  • 県や市町村が実施する交流地域活性化施策への協力
  • 農山漁村の住民における伝統文化、景観などの地域資源の適切な保全と継承
農林漁業者・農林漁業団体は、次のことに努めます。
  • 主体的かつ積極的な交流地域活性化の推進
  • 県や市町村が実施する交流地域活性化施策への協力
農林漁業者・農林漁業団体以外の事業者は、次のことに努めます。
  • 事業活動を通じた交流地域活性化への寄与
  • 県や市町村が実施する交流地域活性化施策への協力
当該市町村は、次のことに努めます。
  • 地域内の地域資源を最大限に生かし、地域の特性に応じた交流地域活性化施策の推進に努めます。
富山県は、次のことに努めます。
  • 県民・事業者・市町村と連携した12項目の施策を推進するとともに都市農山漁村交流情報の提供などに努めます。