ページの先頭です。
ふるさと保全指導員 地域づくりレポート
[作成:平成18年3月]

砺波市 太 田(おおた)

「ずっと、ここに住み続けたい」と

みんなが心から思える地域づくりを


■日本の原風景といわれる砺波散居村。その東側に位置しているのが、太田地区です。東には庄川、旧庄川の川跡である千保川にはさまれた地域で、西は美しい散居が点在し、地区の中心には公会堂・郵便局・幼稚園や神社が集中し、小さな商店街を形成しています。
■まず手始めに、地域を知ることが地域を愛する第一歩という理念で「地区めぐり」を行いました。その後に作成した「もの知り地図」、公民館との共催による「歩いてガッテン史跡編」「建物編」を地区全戸に配布。地域の皆さんから、「地域に隠れた文化遺産がたくさんあることを再認識できた」という高い評価を得ることができました。
■これからも、心のよりどころである文化遺産をもっと大事にしていただけるように、ハード面では掲示板や案内板の設置を計画しています。ソフト面では、無形の文化財である獅子舞や左義長など、年中行事の活性化に取り組み、「住んでよかった」と実感できる地域、そして地域に住み続け、地域を愛し、誇りの持てる地域づくりに貢献したいと思っています。

太田地区農村環境を考える会
会長 尾田武雄