“県産材”って そもそも なぁに??


県産材とは…


県内で伐採され、製材された木材のことを富山県産材と言います。(略して「県産材」と呼んでいます。)
木材は、工業製品と違ってもともと天然の植物ですから、1本1本の木で強度にばらつきがあるので、建築基準法では安全率を見て基準強度を定めています。富山県産材(スギ)は、その基準強度をクリアしており、床や板壁などの仕上材だけでなく、柱や梁など構造材としても使うことができます。
また、新築だけでなく、増改築やリフォームにも県産材を活用できます。

県産材はほとんどがスギ


とやまの山地に植栽されている樹木(人工林)は、大半がスギで、生産される一般材・間伐材等も、ほとんどがスギです。このスギはとやまの山の厳しい気候に適合しながら育っています。
スギ以外の樹木としては、ヒノキがごく一部の尾根地に植栽され建築資材の特注品として受注生産されていたり、一部のスギ林でヒバ(アテ)と呼ばれるアスナロ科の樹木が混植され、住宅の土台や通し柱などにまれに出材されたりしています。

富山県を代表する主なスギは3種類


富山県では、造林地の地形・地質や標高等の自然条件や導入過程の違いによっていくつかの種類のスギが植えられてきましたが、造林面積から見て、富山県を代表する品種は、タテヤマスギ・ボカスギ・マスヤマスギの3種類と言えます。
とやまの木の家には、その中でもタテヤマスギが多く使用されています。

県産材を使うと、こんなにいいことが!


とやまの木の循環


w1.bmp  とやまの環境を守り維持することができます



w2.bmp  とやまの気候風土になじむ家づくりができます



w1.bmp  とやまの林業を活性化する手助けとなります



w2.bmp  地産地消で地域経済の活性化につながります



w1.bmp  お互いに顔の見える安心できる住まいづくりができます



w2.bmp  地球温暖化防止に貢献できます
    製造時の消費エネルギー・CO2放出量が小さい、木造住宅で二酸化炭素を固定できる


w1.bmp  輸入材と比較すると輸送にかかるエネルギーの大幅な削減・CO2の排出を格段に少なくできます



w2.bmp  無限に再生できる資源です

LinkIcon詳しく知りたい!

とやまのスギには、“知る人ぞ知る”人体に優しい特性がギュッと詰まっています!


h2.bmp  スギは精油が豊富。家の中でも森林浴でストレス軽減!



h2.bmp  床の無垢材フローリング化で、ダニ減少。喘息やアレルギー対策は、とやまのスギ床材で!



h1.bmp  スギは有害な紫外線を吸収。逆に赤外線を反射し室内を暖めます。



h1.bmp  スギは触れると温かく熱が奪われにくい。
       熱伝導率が小さく蓄熱能力が高いため、スギの家は暖まりやすく冷めにくい。



h1.bmp  スギは湿度を自動調節!?調湿作用でジメジメしない暮らし!



h2.bmp  スギは天然のクッション。やわらかさが衝撃を吸収するからケガをしにくい。

LinkIcon詳しく知りたい!

知っておきたい!県産材の品質


w3.bmp 県産材の品質は?



w3.bmp 割れ” は強度に影響しないの?



w3.bmp 節のない木もあるの?



w3.bmp 県産材は高い?

LinkIcon詳しく知りたい!

ページの先頭へ