とやまの環境を守り維持することができます

健全な森林は保水能力を高めます。大雨などには緑のダムとなります。
健全な森林があればきれいな川も流れます。また、山の緑を見ることでリラックス効果があります。
とやまの木の循環利用を進めながら、私たちの生活に“潤い”と“安心”をもたらしてくれるとやまの森林を整備し、大切な森林を次世代に引き継いでいきましょう!


とやまの気候風土になじむ家づくりができます

木はどこで育ったものでも「性質は同じ」と思いがちですがそんなことはありません。屋外で風雨にさらした場合の試験やシロアリに食べさせる試験をすると、北欧材のホワイトウッドや米材のベイツガは国産のスギやヒノキに比べて大きく耐久性・防蟻性が劣ることが分かっています。
とやまの木は富山の厳しい自然環境の下、気候風土に適応しながら大地に根差しているので、とやまの木を使用することによって富山の気候風土になじむ家づくりができます。


とやまの林業を活性化する手助けとなります

木を伐ることは環境破壊につながると思い違いされることがありますが、そうではありません。木を植え育て、それを住宅などに使い、使った分だけ植樹をしたりすることにより森林を守り育てていくことができます。
富山にはたくさんの森林がありますが、その森林を育てる人・整備する人が不足しており山の管理が行き届いていないのが現状です。とやまの木を使用することによって、林業が活性化し、とやまの豊かな森づくりにつながっていきます。
また、60年サイクルで伐る、植える、を繰り返すことができれば、安定した職業として定着します。


地産地消で地域経済の活性化につながります

家を建てるまでにはたくさんの人々が関わります。木を育てる林業家、木を製材加工する製材所、家を設計する設計士、家を建てる大工・工務店・・・地元の木を使用することにより、これらのことが地元の業者で行われ、そのことによって地域経済が活性化します。


お互いに顔の見える安心できる住まいづくりができます

最近、「食」の安全の問題が大きく取り上げられていますが、直接肌に触れたり建物の骨組みを支えたりする「木材」についてもその素性(産地)を知っておきたいもの。
とやまの木を使えばどこの山に育っていた木か分かることはもちろん、その木から家を建てるまでにかかわった人々の顔も見えます。
森林とのお見合い、伐採の見学、林業家、製材所、工務店、建築家との出会いや顔の見える関係での交流も行え、安心できる住まいづくりができます。


地球温暖化防止に貢献できます

木造住宅は鉄筋コンクリート住宅に比べて建物を新築・廃棄するときのエネルギー消費量が少ないことがわかっています。
住宅の建築資材の内、鉄、セメント、アルミニウムなどは、それぞれの原料から製品までの加工過程において、膨大なエネルギーが必要です。しかし、木材であれば、建築部材への加工に大きなエネルギーは不要です。ちなみに、鋼材を作るには木材の191倍、アルミニウムは791倍のエネルギーを消費します。
また、住宅をつくる時の二酸化炭素の放出量を計算してみると、木造住宅は鉄筋コンクリート住宅に比べて1/4の放出量ですむことがわかっています。
さらに、木造住宅には鉄筋コンクリート住宅に比べて約3倍の炭素が蓄えられるので、大気への二酸化炭素の放出を少なくし地球温暖化防止に大きく役立ちます。


輸入材と比較すると輸送にかかるエネルギーの大幅な削減・CO2の排出を格段に少なくできます

日本の木材の輸入元は米国、カナダ、インドネシア、マレーシア、ロシア、ニュージーランド、オーストラリア、チリ、パプアニューギニア、フィンランド等々で日本ほど、世界中の遠距離各国から、輸送エネルギーを消費して木材を輸入している国はありません。遠くなればなるほど車・船などのエネルギーが必要になります。
県産材を使用すると30㎞程度ですむ木材輸送距離(ウッドマイルズ)もカナダからだと7,815㎞程かかり260倍も違うという試算もあります。
あなたの家の木材はどこから調達しますか?


無限に再生できる資源です

樹木は、光合成で二酸化炭素を吸収し、酸素をつくります。スギは植えてから60年くらいまでは活発に光合成を行います。建築資材としても、60年経てば十分な材料となります。
スギは60年サイクルで伐採・植樹を繰り返すことのできる資源であり、言い換えれば、無限に再生できる資源です。

ページの先頭へ