助成制度

県産材活用に関する、助成制度をご紹介します。


富山県

とやまの木で家づくり支援事業

・1棟あたりの補助上限額:40万円
・県産材使用量1m3あたり5千~2万円を補助
・募集期間 平成27年5月1日(金)~平成27年12月10日(木)
・募集棟数 80棟程度

LinkIcon詳しくはこちら (富山県 森林政策課)

ページの先頭へ

ほかにも色々

とやま県産材アドバイザー

県産材ロゴ富山県では、県産材利用を進めるため、県民の皆様に県産材の利用についての情報提供、アドバイスをおこなう
「とやま県産材アドバイザー」を認定しています。

県産材での家づくりについてのご相談は、とやま県産材アドバイザーへお問合せ下さい。


詳しくはこちらLinkIcon

長期優良住宅

長期優良住宅とは・・・
長期優良住宅の普及の促進に関する法律(平成20年法律第87号)に規定する、長期にわたり良好な状態で使用するための措置がその構造及び設備について講じられた優良な住宅のことをいいます。

制度の概要
●長期優良住宅の建築・維持保全をしようとする方は、当該住宅の建築及び維持保全に関する計画(長期優良住宅建築等計画)を作成し、所管行政庁(富山県においては、富山県、富山市、高岡市)の認定を受けることができます。
●当該計画の認定を受けた住宅については、長期優良住宅建築等計画に基づき、建築及び維持保全を行う義務が発生する一方で、長期優良住宅に関する税制特例の対象となります。

詳しくはこちらLinkIcon

地震に強い県産材住宅の開発

近年、富山県の周辺で大きい地震が発生しており、地震に強い家づくりへの関心が高まっています。大地震に対抗する工法は、大手住宅メーカーを中心に盛んに開発されていますが、地域材による在来工法に対応したものはありませんでした。
そこで富山県農林水産総合技術センター木材研究所では、とやま県産材住宅に対応した制振工法を開発し、さらに早期実用化へ向けて取り組みが進んでいます。
公開実験公開実験の様子     制振工法制振工法

県産材住宅の調査報告書


平成18~20年度に県内市町村の住宅補助制度を活用して建てられた県産材住宅を対象に、施工事例の調査や建築・施工に関する聞き取り調査を行った結果を報告書にとりまとめました。最近の県産材住宅の概要をデータで確認できます。

LinkIcon県産材住宅報告書(PDF534KB)

公共建築物の木造化

「みんなの施設を木で造ろう。」

 富山県公共建築物木造化の手引き

みんなの施設を木で造ろう
 県では、「富山県公共建築物等木材利用推進方針」を策定し、県民生活に深く関わりのある公共建築物の木造化・内装木質化に県が率先して取組むこととしております。
 また、県内全ての市町村において、木材利用推進方針が策定されており、県全体で木材の利用拡大を図ることとしております。
 公共建築物木造化を進めるため、木造化手引き「みんなの施設を木で造ろう。」を発刊いたしました。

LinkIcon詳しくはこちら(富山県森林政策課)