食育推進会議

第5回富山県食育推進会議(要旨)

日 時:平成19年6月1日(金) 14:00〜15:40

場 所:県民会館8F キャッスル

出席者:石井 会長、池部委員、石川委員、岩田委員、鹿熊委員、上滝委員、黒田委員、

杉森委員、高澤委員、滝澤委員、舘野委員、利光 委員、森谷委員

(代理出席)富山県漁業協同組合連合会・水門代表理事専務、富山県農業協同組合中央会・大森 農業対策部長、富山県私立幼稚園協会・土岐副会長、富山県歯科医師会・山本事務局長、富山県保育連絡協議会・牧野氏、富山県教育委員会・横嶋教育参事ス ポーツ・保健課長、富山県医師会・塩谷事務局長、富山県栄養士会・西田副会長、南砺市・山本収入役、入善町・寺崎農水商工課長

 計23名

1.開会

2.知事あいさつ

3.議事

(1)食育の推進に関する施 策の進捗状況

【出席者からの主な意見】

・「食育リーダーの養成・派遣」に関して、私もリーダーの一員として、高校生、社会人の方を担当させていただ いて、小さいうちにきちんとした食生活を、理解ということではなく体得させる必要性を感じた。今年度はなるべくターゲットを、できれば成長期の子供を主に しながら、よりよい食生活が育つような、理解よりも体験というような形でできたらいいと考えている。

・「三世代ふれあいクッキングセミナー」の開催に関して、核家族がとても多い中、集まったおじいさん、おばあ さんたちに接するという、その触れ合う機会がとてもいいことだと思う。日ごろお手伝いをしない子供も楽しく取り組んで、自分たちで作って、「おいしいね。 みんなで食べるとおいしいな」ということを感じ取っている。

・食育の芽が出る時期は、脳がどんどん活性化してどんどん勉強していく時期(8歳)と同様であるから、3歳か ら食育の種をまいていかないと、幼児期、0〜3歳あるいは3〜5歳の食育プログラムというものを、幼稚園は幼稚園、保育所なら保育所、あるいは小学校サイ ド、高校サイド、その中でしっかりと一緒に作り上げていく必要があるのではないかと感じている。

・食品産業協会では、「新たな『とやま名物』商品開発」ということで取り組んでいる。昨年は東京の交通会館の アンテナショップへも出させていただいたりして、だいぶ気運が高まってきている。応募いただく方々も非常に間口が広く、事業者、学生、一般消費者の方、ま た、年齢層も幅広く、今現在ある富山の「ますずし」あるいは「かぶらずし」に続く新たな富山名物として、そろそろそれに近いものが出てくるのではないかと いうことで、今年もしっかりと取り組んでいきたい。

・「食育リーダー」に関して、新聞などでPRしていらっしゃるが、私もこれは実は見ていなかったし、なかなか 一般県民が目に触れるところにこういうPRのものがないのではないかと思っていたところである。保育所・幼稚園、小・中学校・高校などにポスターを配布す る、またPTAの方々の目に触れるようなところにちらしなどを配布する、またスーパーなど多くの一般県民の方々が目に触れるような場所にも張り出したりし て、誰でもこの問い合わせ先に連絡すると気軽に申し込みができるのですよということをPRしていただければいいのではないかと思う。

→食育は大変重要なテーマであるから、だいぶ努力しているはずであるが、さらに県民の皆さんに浸透するよう、 PRを努力していきたい。

・中学校では、どちらかというと学びというようなことに重点が置かれがちであるが、その学びを支える面での食 べること、食育、そして例えば人間関係づくりなどの窓口として、給食の果たす役割というものは大変大きいと思っている。

・この会議に出席して、いろいろな事業があるということを知った。そういった意味で、もっともっと学校への PR、また、学校が食育に関する学習や体験がしやすい事業をどんどん提供していただけると非常にありがたい。

・富山県調理師会では、お父さん、お母さん、子供たちと1週間に1回料理を作ったらどうだろうかということを 提案している。そうすれば子供たちも関心を持つし、料理に興味を持ったらまた食事も進むと思う。

(2)平成19年度新規施策の取組方針

【出席者からの主な意見】

・「毎日しっかり朝ごはん」事業に関して、これも小学校だけではなく、3歳ぐらいから取り組むべき問題ではな いかと思う。やはり食育の種を植えつけていくには、まず幼児期、そして幼児期からどうやって小学校へつないでいくのか。小学校の段階から次に中学校へどう つなげていくのか。各年代年代においてのプログラム性といったものがもうちょっと具体的に明確に分かりやすく出てこないと、なかなか本当にこの食育という ものが県民一般に分かってもらえるかどうかというのが心配であるから、ぜひ考えていただければいいと思う。

・食育は素晴らしく浸透はしているが、私ども企業人として見ると、民間企業というものに対して食育推進という ことがほとんど行われていない状況である。職場には今、子育てをしながら進出している女性が多い。また男性にもいろいろな意味で食育に関心を持っていただ きたい。若い人や企業に対してのPRを進めていただきたい。

・私どもは、物を販売するだけではなく、食育についてもお伝えするいうことをこれから課題として考えている。 栄養士会さんからも派遣をしてくださるということであるから、ぜひいろいろなところの協力を得ながら、私どものスーパーの店頭を利用していただきたいと 思っている。スーパーというのは嫌でも毎日行かなければならない場所であり、情報をお伝えするという意味では非常に可能性はあるし、この食に携わる人間の モチベーションやモラルというものが非常に上がってくると思う。メーカーさんも協力してくださるし、それから、あまり関心のなかった人も、イベントに触れ ることによって触発されて関心がわいてくるという可能性を非常に感じている。

(3)その他

【出席者からの主な意見】

・非常に短期間で食育のすそ野が着実に民間の方々を中心に広がっているという印象を受けた。そのような中、こ の食育から今の時点でいちばん遠いところにあるのが民間企業のような気がしており、少子化対策と同じように、育児と仕事との両立に企業が非常に前向きに取 り組みを始めたのと同じように、いかにこの食育についても民間企業の方々に理解していただき、浸透させていくか、これから非常に重要なところではないかと 感じた。

 また、食と裏表の関係にあるのが運動だと思っており、エネルギーを消費してこそ食があるわけで、そこの辺り も一緒に考えていかなければいけないのではないか。

・いちばん大切なのは子供を産み育てている私たちPTA、保護者の立場の者ではないかなと痛感している。子供 たちは学校、保育所、幼稚園などで本当に素直な気持ちで先生方から学習をしてくるが、それがなかなか親のほうまで届かないこともあるし、数々の言い訳をし ながら朝ご飯を用意しない親がいたり、夜ご飯までに帰ってきてくれないお父さんがいたりというような現状があるのかと思うが、それをどのような形で保護者 一人一人に伝えていくかということが、私たちPTA連合会に与えられた本当に大きな宿題ではないかと思う。そういった意味でも、各学校のほうでも、私たち 県レベルでも、食育に関しては数々の研修会を行っており、講師に来ていただける先生方を探しているが、「食育リーダー」という存在すらも実はよく分かって いなかったということからも、こういったものを学校に向けて、保護者に向けてもっともっとPRして、ピンポイントで本当に活用したい人たちのところにまで 情報を送っていただければよいと感じた。

 また、県でも数々の施策に真剣に取り組んでいただいているが、その施策の実施だけに満足することなく、私た ちもせっかく研修をするのであれば効果のある研修会をしたいと思うので、どのような実践例があってどのような効果が得られたかというような報告をフィード バックしていただいて、もっともっと意味のある研修につなげていきたいと思う。

・栄養士会で毎年、高校生をターゲットにした「青年向け栄養改善講習会」を受託して実施している。幼児期から の食育が非常に大切ということは皆様ご周知のとおりであるが、幼児を育てるというのは、今から親になる人をちゃんと育てておかないといけないということで ある。今、食育と言われ始めて、幼稚園・小学校・中学校では大変食育の活動が盛んに行われているが、高校生となると、受験のことが先立って、食育がおろそ かになっている。しかも栄養士が配置されていないし、お昼は給食ではなくお弁当持参という現状である。改善講習会も、前年度実施された学校が県内で6校で あるから、もっともっと校長先生なりにPRしていただいて、講習会を幅広く実施していただきたい。そして、大学生になると県外で一人暮らしをされる方も多 いと思われるし、女の子でしたら間もなくお母さんになる可能性がある方も非常に多いと思うから、その人たちにぜひ今のうちに食育をしていただいて、もっと もっとご父兄が食育をちゃんと身に着けられるようにしていただきたい。

4.閉会